西麻布 「レストラン ナルカミ」 でランチ
a0039199_21525745.jpg

随分前のことで申し訳ないのですが、訪れたのはほぼ1年前。
東銀座から西麻布へ移転したばかりの「restaurant NARUKAMI」 に、MAKIMIさん、GLOBEさん、友人Tちゃんとでランチに伺いました。

お店の前には立派な胡蝶蘭がたくさん。
a0039199_21541329.jpg

白と黒を基調としたシンプルモダンな店内は、照明をおさえ、清潔感溢れる空間となっています。

新生ナルカミは、「カジュアルスタイル」と「フォーマルスタイル」に分かれています。
「カジュアルスタイル」は、手前のカウンター席で、軽いコースから、ワインとおつまみだけというような、時間がないときにも利用できるカジュアル仕様、「フォーマルスタイル」は、奥のテーブル席でゆったりと、お任せの6皿もしくは8皿のコース料理をいただくスタイル。

私たちは、奥のテーブル席で、「6皿のストーリー」(6,300円)をいただきました。
a0039199_2155697.jpg

ちなみに、「8皿のストーリー」は8,400円、カジュアルコースは3,150円。
夜は、カジュアルコース5,040円、6皿コース10,500円、8皿コース13,650円。

こちらは、奥のテーブル席から見たカジュアルスタイルのお席。
途中、女性2人連れが利用されていました。
a0039199_21553130.jpg


10月だったので、秋らしいお料理から始まりました。
カレー味のピクルス 栗の温かいポタージュ 秋鮭・自家製柿のソース
a0039199_21555180.jpg

a0039199_2156572.jpg

パン
a0039199_21561669.jpg

富山産鬼エビ ズッキーニのサラダ ライムのジュースのスカーフをまとわせて
a0039199_21562946.jpg

上にまとわせたものは、ライムの皮をすり下ろし、白ワイン、寒天を加えたもの。とても爽やかです。

カトラリーも個性的。
フランスの有名な銀器メーカー「エルキューイ」のパレットスプーンとピック。
使っているときには気がつかなかったのですが、並べてみたら綺麗にカーブが揃っています(食べ終えた後のお皿が美しくなくて、ごめんなさい)。
a0039199_2156531.jpg

富山産ズワイガニ ズッキーニとヤーコンのムース
a0039199_21571136.jpg

初めていただいたと思われる「ヤーコン」は、南米アンデス高地原産のキク科の根菜。生で食べると、甘くシャキシャキとして、梨に近い食感なのだとか。
上にかかっているのは、レモンジュースに吉野葛でとろみをつけたもの。
フレンチで吉野葛って初めてです。
a0039199_21573396.jpg

富山湾真鯛のポワレ きのこのソース アンディーブ添え 菊芋のキャラメリゼ
a0039199_2263088.jpg

菊芋のキャラメリゼが美し~い。
きのこのソースには、胡桃、シェリービネガー、サフランが使われています。

お魚料理も「エルキューイ」で。
a0039199_21581731.jpg

青山椒のグラニテ
a0039199_21583387.jpg

お味の記憶が全くないのですが(なんせ1年も前だし・・・。汗)、青山椒のシャーベットだなんて、日本的。ピリッと爽やかなお味だったのでしょうね。
(私の手書きメモには、味の感想ではなく、実家の山椒の木に毎年卵を産み付けていたアゲハチョウの幼虫の絵が描かれていました^^; )

鶉と蝦夷豚の煮込み 鶏肉のレバームース
a0039199_2159719.jpg

レバームースが下に敷き詰められています。メニュー名を見るとしつこそうな感じですが、意外とあっさりとしたお味だった記憶があります。
上にのっているきのこは「ちいたけ」。ミニサイズの椎茸です。旨味がギュッと凝縮された感じ。

お肉料理のカトラリーはこちら(もちろん反対側にフォークもあります)。
アクリルガラスの中にバラの花びらを埋め込んだ「ライヨール」のナイフがステキ。
a0039199_21592734.jpg

デセール
デセールはワゴンサービスです。
グラスデザートはこちらから1品をチョイス。
a0039199_10481613.jpg

イチゴとアロエのゼリー、ブランマンジェ・抹茶のソース、チョコレートのムース、奥にあるので写っていないのですが、よもぎと豆乳のムース。

私の誕生日が近かったので、私のプレートはバースデー仕様♪
a0039199_21595837.jpg

サプライズだったので感激しました♡
私が選んだのは、チョコレートのムース、ベリーのタルト、黒胡麻のタルト、マーマレードのブリオッシュ、きな粉のシュー、そしておまけのボストッククッキー。
その他には、無花果のコンポート、すだちのマーマレード、すだちのシャーベット、アイス数種などなど・・・。豊富でした。“和”の素材を使ったものが多かったのが印象的。

飲みものはお紅茶を。
向こうに写っているのは、GLOBEさんが選んだカプチーノ。
a0039199_2201499.jpg

産直の旬の素材を使い、その素材を生かすために、バターやクリームをあまり使わないそうで、かなりあっさりしたフレンチです。
“和”の素材を取り入れたお料理も多く、全体的に、フレンチでありながら“和”を思わせる、そんなお料理でした。現代風和フレンチといった感じ。

「一つだけの『いいもの』を際立たせるには、余分は一切削ぎ落とす。インテリアも料理も」(鳴神シェフ)。


「restaurant NARUKAMI」
東京都港区西麻布4-2-6
TEL 03-5774-2777
[火~金]
フォーマル 18:00~21:00(L.O.)
カジュアル 18:00~24:00(L.O.)
[土日祝]
フォーマル・カジュアル
Lunch 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~21:00(L.O.)
定休日:月


#GLOBEさん:「restaurant NARUKAMI@西麻布」
by camille_31 | 2010-10-19 22:18 |  FRENCH
<< 銀座 「アイコニック」 でランチ ロシア旅行記:2日目(8/28... >>