南青山 「フロリレージュ」 でランチ (前編)
a0039199_22524890.jpg

11月下旬、友人Tちゃん、GLOBEさんと、前々から気になっていた「フロリレージュ」へ、ランチでお伺いしました。
1つ星レストラン「ル・ブルギニオン」で伝統的フレンチを、3つ星レストラン「カンテサンス」で斬新なフレンチを体得した川手寛康シェフが、2009年6月にオープンさせたお店です。
「カンテサンス」でスーシェフを務めていたとあって、オープン当初から話題となりましたが、僅か5ヶ月後に発売されたミシュランガイドで星を獲得。土日祝は予約を取るのが大変なお店です。

お店は、外苑前駅から徒歩7、8分。ちょっとわかりづらい場所にあって、お店で待ち合わせをしたら、それぞれ迷ってしまったGLOBEさんと私。
「近々HPの案内を訂正します」とおっしゃっていました(笑)。

店内は、茶、黒、白を基調としたシンプルモダン。個室を含め、全20席のこぢんまりとした空間です。
満席でしたが、私たちともう1組のお客様だけになったときに撮影。
a0039199_17114284.jpg

お料理は、ランチ、ディナーともに1コースのみ。
ランチは、アミューズ+前菜+メイン+デザート+カフェで4,200円。
前菜、メイン、デザートは、3種類からのプリフィクスでした。
ディナーは、おまかせのコースで10,500円。
a0039199_22535851.jpg

シャンパンをいただきながら、ゆっくりと、プリフィクスのメニューを検討。
a0039199_2254967.jpg

アミューズ
四角いグリーンオリーブ
a0039199_22542636.jpg

グリーンオリーブのエッセンスがたっぷりとしみ込んだ温かいブリオッシュ。フレンチトーストのような食感です。
ブリオッシュの上と、ガラスの器の上にのっているのは、乾かして砕いたオリーブ。
ブリオッシュ自体かなり味が濃いのですが、砕かれたオリーブが更にしょっぱくて、シャンパンがすすみます。

パン
a0039199_22544091.jpg

斬新な置き方(笑)。
駒場東大前の「ル・ルソール」のパンで、フロリレージュ特注だそうです。フロリレージュで配合を指定して作ってもらっているのだとか。
バターは、ローズソルトをまぶした無塩バター。
a0039199_2255185.jpg

Tちゃんの前菜
フルーツトマトのフリットとフレッシュうに
a0039199_22551178.jpg

フリットされたトマトの上には、フレッシュなウニとトマトのシャーベット。
お皿の真ん中にあるのはクリームチーズ。

GLOBEさんと私が選んだ前菜は、このお店のスペシャリテ
フォアグラとメレンゲのコントラスト
フォアグラは苦手なのでかなり悩んだのですが、説明をお聞きしているうちに、やっぱり食べてみたいな~と思い、思い切って選びました。
で、これが大正解! おいしかった~。

まず、ドライフルーツとナッツが入ったパン
a0039199_22553872.jpg

とともにサーブされたのがこちら。
a0039199_225617.jpg

かわいい形をしたヘーゼルナッツのメレンゲと、細かく刻まれたヘーゼルナッツ。

そして・・・
テーブルの上で、ローストされたフォアグラがサーブされます。
a0039199_2257850.jpg

「フォアグラを一口大に切って、左手にフォアグラ、右手にメレンゲを持ち、フォアグラを口に入れたら、すぐにメレンゲを囓って、一緒に召し上がってください」とのこと。
そのご説明通りにいただくと・・・、
大きな塊で焼いて、脂っぽさを軽くしたフォアグラ。香ばしく、さくっとしたメレンゲ。そのふたつの食感と味のコントラストが絶妙。
「フォアグラの重さとメレンゲの軽さ」が絶妙なバランスで、感動です!
この1皿をいただくために、また訪れたいと言っても過言ではないかも。

ちなみに、メニューには書かれていないもう1つの前菜は、「フランス産ヤップ茸のソテー」でした。


長くなってしまったので、メイン料理から(後編)へ続きます。


「Florilege (フロリレージュ)」
東京都港区南青山4-9-9 AOYAMA TMI 1F
TEL 03-6440-0878
Lunch 12:00~14:00(L.O.)
Dinner 18:30~21:00(L.O.)
定休日:水、年末年始
by camille_31 | 2010-12-29 02:21 |  FRENCH
<< 南青山 「フロリレージュ」 で... 銀座 「レストラン タテル ヨ... >>