銀座 「ロオジエ」 でディナー (2)
※ 11/03末閉店(13年秋New Open予定)
a0039199_11112619.jpg

新生「ロオジエ」でのディナーの続きです。


お口直しのデセール
a0039199_11113776.jpg

a0039199_11114124.jpg

a0039199_11114574.jpg

a0039199_11114915.jpg

デセール
VOTRE CHOIX DE DESSERTS À LA CARTE
デセールは8種類の中からのチョイス。チョコレート系4種類とフルーツ系4種類。
私はチョコレートスフレ&バニラのシャーベットを。
a0039199_1112376.jpg

このデセール、何と最初にコースを選んだ時点でチョイスさせられました(お腹が空いている状態といっぱいになった状態では食べたいものが違うと思うんですけど・・・)。

お好みのプティ・フールをワゴンから
LE CHARIOT DE PETITS FOURS
a0039199_11121451.jpg
a0039199_11121927.jpg

a0039199_11125980.jpg

プティ・フール多すぎです(笑)。というか、その前のお口直しのデセールが多すぎ。
食べたいのにお腹いっぱいで食べられない。つらいです・・・。
a0039199_1113859.jpg

a0039199_11131276.jpg

a0039199_11131618.jpg

さて、お料理の感想。
とても小さな容器に入った、お口直しのクレームブリュレが美味しかったです。
でもその他のお料理は・・・、えっと・・・・・・。

日本の最高級グランメゾンと絶賛している人もいて、かなり期待して行ったのですが、やはりそれはジャック・ボリー氏時代のことだったのでしょうか。正直期待外れでした。
驚きも感動も何もありませんでした。
実は私、ジャック・ボリー氏のお料理を食べたことがありません。何度か予約を試みたのですが、いつも希望した日に予約が取れず、訪れたのはこの日が初めて。なので、ボリー氏のお料理と比較することはできないのですが、この日いただいたお料理は、お味にも盛りつけにも繊細さが全く感じられませんでした。グランメゾンとしては、雰囲気も良くありません。天井が低めで、テーブルの間隔も狭いせいか、かなり騒々しかったです。スタッフの応対もスマートとは程遠いものでした。
お値段がもっと安ければ何も問題はないと思います。でも「グランメゾン」と呼ばれ、それ相応のお値段設定がされているわけですから、やはり、グランメゾンにふさわしく、非日常的な演出、最高のお料理を提供してほしかったです。

とは言え、帰るときにしっかりブルーノ・メナール氏と一緒に写真を撮ったのですが(笑)。
(こちらから頼んだのではなく、一緒に撮りましょう、と声を掛けられました。)
私としては、たとえランチと比べても、こちらのお店のほうが好きです。


「RESTAURANT L'OSIER」
東京都中央区銀座7-5-5
TEL 03-3571-6050
TEL 0120-156-051
Lunch 12:00~
Dinner 18:00~
定休日:日祝

※ 11/03末閉店(13年秋New Open予定) 
by camille_31 | 2005-12-18 23:20 |  FRENCH
<< 京橋 「ダズン・ロージス」 で... 銀座 「ロオジエ」 でディナー... >>