代々木上原 「ブラスリー・ベック」 でディナー
a0039199_15121425.jpg

「ブラスリー・ベック」 は、代々木上原駅、北2出口斜め向かいにあるビストロ。
細い階段を下った先、カウンターとテーブル、24席のこぢんまりとしたお店です。

平野レミさんがお気に入りだというこのお店、大の食べ物好き、ワイン好きが夜な夜な集う店との評判なので、とてもカジュアルなお店を想像していたのですが、カジュアルでありながらも、中央にシャンデリアがあってちょっと落ち着いた雰囲気もあったりして・・・、とっても不思議。
そのとき訪れたメンバーや周りの客層によってがらりと雰囲気が変わりそうなお店です。
a0039199_15123398.jpg

平日のこの日は、お客さんは半分程、お隣のテーブルに外人さんがいらしたりして、落ち着いた雰囲気でした。

お料理は、プリフィクスのコースがメイン。
2皿(前菜+メイン)2,980円~と、4皿(前菜+スープ+メイン+デザート)3,980円~の2種類。
もちろんアラカルトでもいただけますし、シェフおまかせのスペシャルコース5,800円というのもあります。

お料理は、定番メニュー数品と、黒板いっぱいに書かれたその日のおすすめメニュー。
ただ、メインはお肉料理が中心で、お魚料理は3種類しかありませんでした。

私たちは4皿のプリフィクスをチョイス。
お店が暗かったので(しかも一番暗い席だったので)、画像がヒドイです。ごめんなさい。

パン&鶏の白レバーのムース
アミューズも兼ねたパンは4種類。温められて出てきます。どれも美味しい。
a0039199_15125132.jpg

濃厚な鶏の白レバーのムースをつけていただきます。
a0039199_1513187.jpg

私の前菜
ホワイトアスパラガスのクルミとベーコン風味
a0039199_15132159.jpg

友人の前菜
鴨フォアグラのテリーヌ 無花果の煮込み添え
a0039199_1513334.jpg

フォアグラのテリーヌはあまりにも濃厚すぎて、この大きさはちょっとつらい・・・。

私のスープ
サツマイモのポタージュ
a0039199_1514744.jpg

友人のスープ
ホウレンソウのヴルーテ
a0039199_15142362.jpg

「ヴルーテ」って何かわからなかったので調べたら、「小麦粉を使って滑らかにしたソースあるいはスープ」だそうです。
予想に反して、サツマイモのポタージュのほうがあっさりしていました。

私のメイン
豪州産牛フィレ肉のステーキ 粒入りマスタード添え
a0039199_151450100.jpg

お野菜もたっぷりです。
a0039199_15145810.jpg

友人のメイン
北海道産帆立貝柱のポワレ サフラン風味クリームソース
a0039199_1515650.jpg

私のデザート
チョコレートのムース
a0039199_15152585.jpg

友人のデザート
リンゴのタルト
a0039199_15153219.jpg

食べ終えてみたら、友人はすべて重め、私はすべてあっさりめ、といった片寄ったチョイスになっていました。
お料理によって味の差が出るお店のような気もしますが、今回いただいたお料理は、フォアグラのテリーヌを除いては(私が苦手ということもありますが)、どのお料理も無難に美味しかったです。

食後の飲み物は別オーダーになるのですが、友人はコーヒー、私はお紅茶をお願いしました。
紅茶はダージリンとアールグレイがあって、アールグレイをミルクティーでとお願いしたら、ロイヤルミルクティーにしてポットで出してくださいました。
a0039199_15154122.jpg

フレンチでは多分初めての経験。ロイヤルミルクティー大好きなので、嬉しかったです。

アルコールは、食前酒の他にグラスワインを1杯ずついただいたのですが、赤は4種類、白は3種類からのチョイスで、ちょっと変わった品揃えでした。お値段はそれぞれ600円!
コーヒーは350円、ロイヤルミルクティーは450円。

すべてサービス料を含めた料金体系になっているので、お料理とアルコール2杯ずつ、食後の飲み物もいただいて、お会計は一人6,000円足らずでした。すばらしい!
かなりコストパフォーマンスが高いと思います。

美味しいワインとフレンチを、普段着でまったく気取らずに、気の向くまま大人が集まってゆっくりできる、そんな前情報通りのお店でした。
ちなみに、コーヒー1杯だけでもOKだそうです。


「BRASSERIE BEC」
東京都渋谷区西原3-5-3
TEL 03-3468-8773
Lunch 12:30~14:30(日のみ)
Dinner 18:00~24:00(日18:00~22:00)
定休日:月
by camille_31 | 2006-03-26 23:22 |  FRENCH
<< 「WITTAMER (ヴィタメ... 日本橋 「オーグー ドゥ ジュ... >>