日本橋 「オーグー ドゥ ジュール メルヴェイユ」 でディナー No.2
a0039199_11401033.jpg

前回、アラカルトでいただいたときに、「近いうちに、今度はゆっくりコース料理をいただきに、再訪します!」と宣言したとおり、コースをいただきに伺いました。

ディナーのコース料理は、6,500円、8,500円、10,500円の3種類。
私たちは8,500円のコースをいただきました。

構成は次の通り。
・アミューズ
・前菜(本日のオードブル+アラカルトメニューからのチョイス)
・本日産地から届いたお魚料理
・お肉料理(本日のお肉料理+アラカルトメニューからのチョイス)
・デザート(3種類からのチョイスor+500円でアラカルトメニューからのチョイス)
・プティフール
・コーヒーorエスプレッソor紅茶orハーブティ

4人で伺ったので、みなが選んだお料理をご紹介。
アミューズ
北海道産赤ジャガのビシソワーズ 豚のリエット
a0039199_11402514.jpg

こちらは、前回と一緒。

パンは1種類のみ。お代わりも同じパンなのはちょっと淋しい。美味しいのだけれど、このパンをいただくと、手が油でベトついてしまうのも難点です。
a0039199_11403486.jpg

前菜。私は「本日のオードブル」をチョイス。
ホワイトアスパラガスの冷製スープ
 とこぶし・北海ガニ・ウニ・帆立・シマ海老など オマール海老のジュレのせ

a0039199_11404555.jpg

魚介類だけではなく、お野菜もたっぷり入っています。

友人の前菜
ランド産フォアグラ 三種の調理法で
a0039199_11405637.jpg

フォアグラ好きにはたまらない一皿。テリーヌ、ポワレ、そしてブリュレ。
真ん中は苺のサラダ。

別の友人の前菜
江戸前穴子とオニオンコンフィのガレット レンズ豆のバルサミコヴィネガーソース
a0039199_11411414.jpg

このお店の前菜は、どれもボリュームたっぷり。

お魚料理
イサキのポワレ 旭蟹のムースを詰めた花ズッキーニ バジルのソース
a0039199_11412527.jpg

a0039199_11413216.jpg

お肉料理は、3人が「本日のお肉料理」をチョイス。
和牛のポワレ フォアグラのソテー ロッシーニ風 トリュフのペリグーソース
a0039199_11414716.jpg

a0039199_11415454.jpg

もうひとりの友人のチョイス。
オーストラリア産仔羊のロースト プロヴァンス風
a0039199_1142435.jpg

ここで、10種類くらいのチーズを持ってきてくださったのですが、もうすっかり満足しきっていたので、ご遠慮させていただきました。

デザートには、このお店の定番中の定番をチョイス。
究極のロールケーキ ヨーグルトのシャーベット
a0039199_11421687.jpg

ロールケーキはこのお店ご自慢の一品。「一度召し上がると明日もまた食べたくなりますよ」と言いながら出してくださいました(笑)。
きめの細かい、ふんわりしっとりしたスポンジと、くどくない特製クリームは、確かに他のロールケーキとは一線を画す美味しさです。
a0039199_1142254.jpg

市ヶ谷の「オーグー ドゥ ジュール」では、ロールケーキのテイクアウト販売もしているそうです。

究極のロールケーキと散々迷った挙げ句、友人2人がチョイスしたものは、
プリン かりかりに焼いたシュークリーム アールグレイのシャーベット
a0039199_11423477.jpg

プリンはクレームブリュレみたいな感じ。シュークリームの中は、生クリームとカスタードクリーム。

プティフール
a0039199_11424331.jpg

フィナンシェも小さいですが、マカロンがめちゃくちゃ小さいです。
こちらでいただいたプティフールもとても小さくて感激しましたが、このマカロンもホントに小さくて、かわいい! 今回も大きさをわかっていただくために、手に持ってみました。
a0039199_11425646.jpg

食後の飲み物は、コーヒー、エスプレッソ、紅茶、ハーブティからのチョイス。私はお紅茶を。
a0039199_1143778.jpg

その後ものんびりおしゃべりをしていたら、ハーブティーを出してくださいました。
ミント、ベルベーヌ、ジャスミンフラワーのブレンド。
a0039199_11431682.jpg

どのお料理も美味しくて、大満足でした。
これで8,500円+アルコール代だけですもの。アラカルトでいただくよりもコースでいただくほうが絶対お得です。コースと言っても、アラカルトメニューからチョイスするものが多いので、選択の幅が広いのも嬉しい。
定番メニューも、その日の仕入れ状況によって、多少メニューの変更があります。

この日も満席でしたが、今回は奥にある半個室を予約したので、他のお客様を気にすることなく楽しめました。
このお店のサービスはとてもフレンドリー。そして皆さんおしゃべり好き。それでいて、とても細やかでさりげないサービスをしてくださいます。
最後は、サービスの方1名とシェフが外まで出てお見送りをしてくださいました。
雨が降り始めていたのですが、「傘をお貸ししましょうか?」と声をかけてくださいました。
これでサービス料を取らないなんて、ホントに嬉しい。また再訪します。


「Au goût du jour merveille」
東京都中央区日本橋3-8-13
TEL 03-6202-1991
Lunch 11:30~13:30(L.O.)
Dinner 18:00~21:30(L.O.)
定休日:水


■関連記事:日本橋 「オーグー ドゥ ジュール メルヴェイユ」 でディナー (06/03)
by camille_31 | 2006-04-18 23:20 |  FRENCH
<< 「WITTAMER (ヴィタメ... 京橋 「ダズン・ロージス」 で... >>