南青山 「ランベリー」 でランチ (後編)
しばらくエキサイトの調子が悪くて(涙)、記事アップが遅くなりました。
「ランベリー」でランチ(前編)の続きです。


魚介のブイヤベース
a0039199_0375235.jpg

ブイヤベースもこんな風に盛られたらとても美しいですね。
見た目通り、爽やかで上品なブイヤベースです。
海老の下、ほんのちょっと姿が見えるお魚はアイナメ。ふっくらと美味しい身でした。

ミネラルウォーターをお願いすると、こんな形で持ってきてくださいます。
a0039199_18392242.jpg

大山地鶏の胸肉とほろほろ鳥腿肉のミンチ、ローストして、じっくり煮て
 ポルト酒とモリーユ茸のソース

a0039199_18393575.jpg

中はこんな感じ。数枚撮したのですが、何故かすべてピンボケ(涙)。
a0039199_18394924.jpg

身のぎゅっと引き締まった大山地鶏は、弾力がありながらもとてもやわらかくて、ナイフがすっと入ります。ミンチにされたほろほろ鳥との組み合わせがすばらしいです。一緒にいただくと、食感が楽しめるだけではなく、おいしさも2倍にアップする気がします。
子牛のアキレス腱も使われているとお聞きしたのですが、どこにどう使われているのか覚えていなくて・・・。薄く外側に巻いた、と聞いたような気もするのですが、そんなことできます? やはりミンチの中かしら?

デザートは、3種類か4種類からのチョイスだったと思います。口頭での説明でした。
MAKIMIさんが選んだものは
クレームブリュレ
a0039199_18402545.jpg

Tちゃんのチョイスは
メロンとアロエのゼリー
a0039199_18404133.jpg

バジルのソルベをちょっといただきました。さっぱりとしておいしい。

GLOBEさんと私のチョイス
アーモンドのブランマンジェ
こちらはシェフのスペシャリテだそう。
a0039199_1840637.jpg

スペシャリテだし、ブランマンジェのみだと説明されたので、味に自信を持っていらっしゃるんだろうな~と思って即決(笑)。
ココナッツは使わず、アーモンドだけで作られているそう。アーモンドのコクと香り、程よい甘み、そしてなめらかな食感。おいし~い。

飲み物はローズヒップティーをいただきました。
a0039199_18595851.jpg

カップにこだわっていらっしゃるそうで、全員違うカップでした。MAKIMIさんと私はヘレンド、GLOBEさんはエルメス、Tちゃんはロイヤルコペンハーゲン。
その人のイメージに合わせて、選んでくださるのだそう。

実は、最初に私の前に置かれたのは、「アポニーフラワー」ではなく、こちらの「ウィーンのバラ」でした。
a0039199_20262045.jpg

そこに、お店の方が間違えて、お隣のMAKIMIさんのハイビスカスティーを注がれてしまったので、MAKIMIさんのカップと交換になったのです。
MAKIMIさんは「アポニーフラワー」なイメージ、GLOBEさんもTちゃんも雰囲気に合ったカップで、ちょっと感動しました。

キプロス島のバラの花びらのジャムがついてきます。
a0039199_18411439.jpg

カップに入れると、花びらが広がって、バラのほのかな香りと甘みが広がります。ちょっぴり優雅な気分に。
でもホントは、お茶に入れるよりも、ジャムをなめながらお茶をいただくほうがおいしいのだそう。

ミニャルディーズ
a0039199_18412961.jpg

和三盆を使用したクグロフ、チーズケーキ、しっかりと硬めのプリン。
どれも美味しかったです。

全体的に、繊細であっさりめのフレンチといった感じ。どのお皿もおいしくて大満足でした。サービスも上質でとても気持ちがいいです。
きちんとしたサービスなのに、品の良いフレンドリーさもあって、私たちのおしゃべりに自然と加わっていらしたりします。
特に、「オストラル」ご出身の支配人、飛田泰秀さんはいろいろと楽しいお話を聞かせてくださって、気がついたらあっという間に4時間以上が経過していて、ビックリ。もちろん今回も「最後の客」です(笑)。
とても楽しいお話だったのですが、「ブログに話の内容を書かないでくださいね。岸本に追い出されますから(笑)」とおっしゃっていたので、お聞きした内容は書けません(笑)。

お会計をお願いした後に出してくださったお酢のドリンク。
a0039199_18414171.jpg

京都産の黒豆のお酢にシチリア産の蜂蜜とミネラルウォーターを加えたもの。程よい酸味と甘み。とっても飲みやすくて、さっぱりとおいし~い。


帰り際、岸本シェフと支配人の飛田さんがお見送りを。おみやげも頂戴しました。
無機質な感じ(スタイリッシュ?笑)な1階の入口を、帰りに撮そうと思っていたのですが、私たちの姿が見えなくなるまで飛田さんが見送ってくださっていたので、撮れませんでした(笑)。

いただいたおみやげは、一口サイズのフィナンシェ。
a0039199_18415962.jpg

おいしくてあっという間に食べちゃいました。お家に帰ってからも、しばらくおいしい余韻に浸っていられるって嬉しいですね。

お気に入りのお店がまたひとつ増えちゃいました。
picot-picotさん、ステキなお店をご紹介くださって、ありがとうございます!


「La cuisine Française L'Embellir (ランベリー)」
東京都港区南青山4-17-33
TEL 03-3423-0131/0120-791-039
Lunch 木~土・祝 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 月~土・祝 18:00~21:30(L.O.)
定休日:日、第1・第2月
※ 2010年6月に移転しています。詳細はHPをご覧ください。


■関連記事
 南青山 「ランベリー」 でランチ No.2 (07/07)  (前編) (後編)
 南青山 「ランベリー」 でディナー (07/11) (前編) (後編) (おみやげ・プレゼント編)
by camille_31 | 2007-06-14 21:21 |  FRENCH
<< 南青山 「ヨックモック 青山本... 南青山 「ランベリー」 でラン... >>