牛込柳町 「ル・デッサン」 でディナー
a0039199_1033849.jpg

loveswedenさんこちらの記事を読んでから、一度行ってみたいと思っていた「Le Dessin (ル・デッサン)」
meshiさんもloveswedenさんの記事を読んで夜に行かれたし、All Aboutの記事でも絶賛されていて、行きたい度はますますアップ。
loveswedenさんが訪れたのはランチだったので、一緒に平日の夜に行きました。

都営大江戸線「牛込柳町」駅から徒歩30秒。
数日前に訪れた「ヴォーロ・コズィ」同様、初めて降り立った駅です。初めてどころか、「牛込柳町」がどこにあるのか見当もつかなかったのですが・・・(笑)。
駅まではとっても不便ですが、駅からは超近いです(笑)。

店内はたった14席。
こぢんまりとしていますが、テーブルの間隔はそれほど狭くなく、木とイエローを基本色としたかわいらしい店内で、壁にはシェフが書かれたデッサン画が幾つも飾られています。
a0039199_2113196.jpg

a0039199_21131054.jpg

こちらのお店でもそうでしたが、料理の才能と絵を描く才能、どちらも持ち合わせていらっしゃる方ってもしかしたら多いのかもしれませんね。
厨房にお二人、サービスはシェフの奥様お一人です。
満席でしたが、女性客ばかりで、男性はたった一人だけでした。

パレットの形をした迎え皿。店名が「ル・デッサン」ですものね。
a0039199_21132884.jpg

イケメンのシェフは、最初デザインの仕事をしたかったそうです。
メニューはスケッチブック。
a0039199_21134198.jpg

お料理はプリフィクススタイルで、ランチは1,890円と2,730円、夜は3,900円と5,250円の各2種類。
ともに金額の高い方が1皿多いコースになっています。
夜のお料理は、それぞれ4~5種類からのチョイスでした。

3,900円でもしっかりボリュームがあるとのご説明でしたし、5,250円のお料理を召し上がったmeshiさんが、「Aコース(一品少ないタイプ)だといいのかも?」と書かれていたので、ものすご~く迷ったのですが、食いしん坊の私たちは、結局Bコースの5,250円のお料理をいただくことにしました。
アミューズ+ひとくちスープ+オードヴル+お魚料理orオードヴルもう1品+お肉料理+デザート+エスプレッソor紅茶。

アミューズ
チーズのプチシューです。
a0039199_21135455.jpg

グリンピースの冷たいポタージュ
a0039199_2114518.jpg

パン
a0039199_21141995.jpg

もっちりとしたパンは手作りだそうです。バターは出てきませんが、+525円で無塩のエシレバターをいただくことができます。

一皿目のオードブルは、ふたりとも同じものを選びました。
焼きとうもろこしのババロア、季節野菜と焼きパルミジャーノ添え
a0039199_21143243.jpg

とても綺麗なお皿なのに、ガラスの器なので、下のテーブルクロスの黄色が透けて、色が映えないのが残念。
焼きとうもろこしの味がするババロアって何だか不思議な感じ。でも美味し~い。
お野菜もたっぷりで嬉しいです。

次のお皿は「本日のお魚料理」かオードブルのメニューの中からのチョイスです。
この日のお魚料理は「アイナメのポワレ イカ墨のソース」。私たちはもう1皿オードブルをいただくことにしました。
lovesedenさんが選んだものは
生クリームが入った生ハムとパセリのテリーヌ ~マンゴーのソース~
 カレー風味の野菜のエテュヴェ添え

a0039199_21144416.jpg

私が選んだものは
野菜とサーモンムースを巻き込んだ大根とサーモンマリネのカネロニ仕立て、
 バルサミコとオリーブオイルのソース

a0039199_10254451.jpg

芸術的なお皿。
中のお野菜は、さやいんげんとオクラ。
大根とサーモンマリネの間のお野菜は何だったかしら?大葉?
a0039199_21151512.jpg

片隅にはイクラがいっぱいのったサーモンムース。
美しいし、美味しいんですけど、かなり切りづらくて、悪戦苦闘。オードブル用じゃなくて、お肉用の刃がギザギザになったナイフがほしかったです。
でもって、ぎゅっと巻かれているので、かなりボリュームがあります。小食な人ならここまででもうお腹いっぱいになっているかも(笑)。

loveswedenさんのメイン
骨付き仔羊のライスボール仕立て・・・マスタードのソース
a0039199_2115279.jpg

仔羊の背肉をライスで包み、焼き上げたもの。
中はこんな感じ。
a0039199_21154381.jpg

何だか不思議なお味。ふたりで「中東っぽい味だね」って・・・、ふたりとも中東のお料理がどんなお味か知らないんですが(笑)。

私のメイン
じゃがいも・人参・椎茸の細切りで包んだ 骨付き仔牛のロースト、
 マデラ酒のソース

a0039199_2116060.jpg

仔牛のまわりには、細~く刻まれたポテトと人参と椎茸がぎっしり。
a0039199_21162550.jpg

私は野菜の千切りやみじん切りが得意なんですが、これはちょっと難しいかも~。
切るとぼろぼろになっちゃうので綺麗に食べられないのですが、ボリュームのあるお肉も飽きずに最後まで美味しくいただけました。

付け合わせのお野菜は別添えで。
a0039199_21163917.jpg

冷製(マリネ)だったのはちょっと淋しかったです。前菜でしゃきしゃきっとしたお野菜をたくさん食べたので、ここでは温かいお野菜が食べたかったな~と。食べてみると、量もかなりあって・・・。歯ごたえのあるお野菜を食べ続けると、疲れませんか?(笑)
ここまででお腹はかなり苦しい状態に。

デザートは5種類からのチョイスでしたが、バナナが大好きな私たちは迷わずこちらを選択。
その場で焼き上げる あつあつバナナのタルト、牛乳のアイスクリーム添え
a0039199_21165939.jpg

その名の通り、熱々の焼きたて。湯気が立っていました。
美味しいです!
「おいし~~!」とふたりで感動しながらいただいていたのですが、既にお腹が限界に近かった私たち。4分の3位でだんだんこの甘さがつらくなってきました・・・。もちろん私たちが残すことなんてありえないんですけどね(笑)。

食後の飲み物は、コーヒー、エスプレッソ、紅茶、ハーブティーから。
私はお紅茶を。
a0039199_21171255.jpg

loveswedenさんが飲まれたハーブティー(レモングラス)がとても綺麗でした。
a0039199_21172585.jpg

プティフール
アーモンドの焼き菓子とチュイール。
a0039199_21174983.jpg

この焼き菓子、やわらかそうに見えません? ふわふわっとしたのをイメージして手にしたら、硬かったのでちょっとビックリ(笑)。
さすがの私たちもここまでが限界で、チュイールには手が出ませんでした。
実はお隣のテーブルが1品少ないコースをいただいていたのですが、「お腹いっぱいで苦しいね~」という会話が聞こえてきちゃいました。やっぱりmeshiさんの忠告をちゃんと聞くんだった~、と後悔した私たちでした(笑)。

サービス料は一切かからないのですが、お料理が出てくるタイミングはかなり遅いです。
今回は全員がほぼ同じ時刻に予約をしていたようで、遅さは尚更。
どれも手の込んだお料理でCPはかなりいいと思いますが、会話のなくなった夫婦にはあまりおすすめできません(笑)。


フランス料理 「Le Dessin (ル・デッサン)」
東京都新宿区原町2-6-7 ハイツエムエス1F
TEL 03-3353-2223
Lunch 12:00~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~21:30(L.O.)
定休日:水・第3火
by camille_31 | 2007-06-30 00:52 |  FRENCH
<< 横浜元町 「霧笛楼」 でディナー 白山 「ヴォーロ・コズィ」 でランチ >>