神楽坂 「ラ・トゥーエル」 でランチ
a0039199_21331764.jpg

いろんなブロガーさんが行かれていて、ずっと気になっていた神楽坂の「ラ・トゥーエル」
loveswedenさんぽて子ちゃんが一緒に行かれたときのレポを読んだら、ますます行きたい度がUP! そのおふたりと、休日のランチに伺いました。
(以前訪れたときのloveswedenさんの記事はこちら。ぽて子ちゃんの記事はこちら。)

いろんなところで拝見していた、国旗が特徴の外観。
外階段には、一段ずつお花の鉢植えが置かれていてかわいらしいです。
a0039199_21265526.jpg

店内は24席。満席でした。
広くはありませんが、天井が高く、気持ちがいい空間です。
a0039199_2127799.jpg

ランチは、平日と休日でメニューが異なり、平日が2,730円、4,800円、5,200円、6,700円の4コース。休日は、4,200円、5,800円、8,800円の3コース。
ディナーは7,980円~。
私たちは真ん中の5,800円のコースをいただくことにしました。

地鶏のバロティーヌとフォアグラ
a0039199_21272434.jpg

左奥から、シチリア産のハチミツを加えたフォアグラのムース、イチジクと青トマトのコンポート、地鶏のバロティーヌ、フォアグラのテリーヌ。
ハチミツが入ったムースは食べやすいのですが、テリーヌは、少量でもフォアグラが苦手な人にとってはつらいですね・・・。

パン
a0039199_21273754.jpg

前菜は2種類からのチョイスです。
ひとつは「オマール海老のコンソメジュレ ウニ、キャヴィア、オマール海老を添えて」。
私たち3人が選んだものは、もうひとつの
コンソメジュレで包み込んだ毛蟹と茄子のプレッセとウニ、キャヴィア
 冷たいビスクソース

a0039199_21275424.jpg

毛蟹と茄子がぎっしりつまったブレッセが美味しい。あっさりとした味が濃厚なビスクソースととてもよく合います。
ただ、何度も書いているように、私はフォアグラとともにウニも苦手。とても贅沢だと思うんですが、この量はちょっとつらかったです。

苦手な食材でも、調理法などによってはとても美味しく食べられるので、メニューを変えていただくようなことはしないのですが、このお店では、次回からウニの量を減らしてもらったほうがいいかも・・・。

天然真鯛のポワレ 人参のクーリとシャンパーニュソース
a0039199_2128913.jpg

ソースにはちょっぴりカレーも入っているそうです。全くわかりませんでしたが。
皮がパリッとして、身がふっくらとしたお魚って、美味しいですよね。
a0039199_21282174.jpg

さっぱりとしたソースが夏らしいです。
付け合わせのお野菜は何と牛蒡でした。

お口直しは、シャーベットとカプチーノスープからのチョイス。
お手頃価格のランチでもお口直しがいただけるのは嬉しいです。
ぽて子ちゃんはシャーベットを。
シャンパーニュのグラニテ
a0039199_21283716.jpg

クランベリーのシャンパンのシャーベットです。さっぱりと爽やか~。
かわいい厚めの容器までしっかりと冷やされているので、最後までシャリシャリですね。

loveswedenさんと私はカプチーノスープを。
カップチーノコンソメスープ
a0039199_21284929.jpg

冷房がきつめだったので、温かいスープが嬉しいです。
濃厚なスープが食欲を更に増進。

メインは、3種類からのチョイス。
loveswedenさんとぽて子ちゃんが選んだものは
幼鴨胸肉のロースト 桃と豆苗のサラダ ピーチのヴィガラードソース
a0039199_2129486.jpg

すご~くやわらかくて、鴨のクセも全く感じられません。鴨は硬いことがあるのでついつい敬遠してしまうのですが、これはとっても美味。
上に薄くスライスされた桃がのっていて、一緒にいただくと、さらに甘みが増して美味しさもアップします。
綺麗なお皿なので、TOPの写真もこちらのお皿で。

私のチョイスは
和牛ランプ肉のポワレ ペッパーソース
a0039199_21292082.jpg

こちらのお肉もとってもやわらか~。あっさりとしたペッパーソースで、ボリュームのあるお肉もあっさりといけちゃいます。
どちらのメインも私好みでした。
もう一種類のメインは、「前沢牛の赤ワイン7時間煮込み」。こちらは+1,000円です。

シェフのイマジネーションデセール
アーモンドのブランマンジェとバニラアイス 4種類の豆、タピオカとともに
a0039199_21293478.jpg

ソースは卵黄、砂糖、牛乳を煮詰めたアングレーズソース。ちょっぴり麦茶も混ぜてあるそうです。う~ん、奥が深い。
白いんげん豆や黒豆などのお豆がこのソースにとてもよく合っているのは、この麦茶のせいかしら?

最近、記憶力に全く自信がない私。デザートの説明が終わったところでこそっとメモを取り始めたら、追加で4種類の豆まで詳しく説明してくださいました(笑)。
最後には「綺麗に写真が撮れましたか?」と声を掛けてくださいましたし、写真を撮ったり、メモを取ったり、本来ならマナー違反で嫌がられるような行為に対して、こういうお心遣いはとても嬉しいです。
美味しいお料理はもちろんですが、心のこもった対応や気持ちのいいサービスで、更に美味しく感じられるし、また再訪したいと思うようになりますよね。

プティフール
フィナンシェとパンプディング。
a0039199_21294964.jpg

綺麗な色のお紅茶。
a0039199_2130923.jpg

ぽて子ちゃんとお会いしたのはこのときから約半年振り。
でもブログを通じてやりとりをしていると、久し振りという気がしないから不思議です。
楽しいおしゃべりと美味しいお食事で、あっという間に時間がたってしまいました。


実は、このお店に伺う前に、おいしいクリームパンで有名な「亀井堂」に寄って、3人ともたくさんパンを購入していたのですが、「ラ・トゥーエル」の方も「私も週に1度買っています(笑)」とおっしゃっていました。
この後は、お茶をする場所を求めて、神楽坂通りを往復。人気のお店どころか、スタバや上島珈琲店にさえも入れず、ようやく入れたところは「VELOCE」でした(笑)。
休日の神楽坂って人気なんですね。


「LA TOURELLE (ラ・トゥーエル)」
東京都新宿区神楽坂6-8
TEL 03-3267-2120
Lunch 11:30~14:30
Dinner 18:00~22:00
定休日:月・第1、3火、夏期休暇
by camille_31 | 2007-07-09 23:36 |  FRENCH
<< 都立大学 「パティスリー タダ... 横浜元町 「霧笛楼」 でディナー >>