広尾 「エパヌイ」 でディナー (後編)
犬が総支配人のフレンチレストラン「エパヌイ」でのディナーの後編です。


友人のメイン
フランス・ドンブ産うずらと仔羊の胸腺の盛り合わせ うずらのソース
(2種類のやさしい味わいのプリプリのお肉を盛り合わせました)
a0039199_22362358.jpg

少しいただきましたが、うずらも仔羊もクセがなくて、あっさり、さっぱり。メニューに書かれているとおり、やさしい味わいでプリプリのお肉です。特にうずらが美味しかった。
お野菜もたっぷりで嬉しいですね。

もうひとりの友人のメイン
国産牛のほほ肉の赤ワイン煮 フィットチーネ添え
(脂身が少なくやわらかいほほ肉をボルドーワインでじっくり煮込みました パスタ添えです)
a0039199_1022392.jpg

ほほ肉がやわらか~い。ほろほろっとくずれちゃいます。

私は「本日のお魚料理」をチョイス。
真鯛のポワレ プロヴァンス風ソース
a0039199_2238226.jpg

こちらもお野菜がたっぷり。
皮パリッ、身ふっくらの、熱々の真鯛。幸せ~。
a0039199_22384299.jpg

たくさんのお野菜を使ったプロヴァンス風のあっさりとしたソースで、全体的にやさしいお味。添えられたお野菜もおいしくて嬉しい。

友人のデザート
プラリネのミルフゥィユ チョコレートのアイスクリーム添え
(さっくさくのパイ生地の間にへーゼルナッツなどの濃厚なペーストはさみました)
a0039199_2239578.jpg

サクサク、パリパリのパイ生地。間に挟まれたプラリネが美味し~い。

もうひとりの友人のデザート
ブラン・マンジェ 自家製抹茶のアイスクリーム添え
(杏仁豆腐に似た味わいのバヴァロワ 抹茶のアイスでさっぱりと)
a0039199_22391955.jpg

さっぱりとしたブラン・マンジェ。抹茶アイスは、抹茶の味が濃厚で私好み。

私のデザート
クレーム・キャラメル キャラメルのアイスクリーム添え
(焼きプディングです やわらかい甘さの中にほろ苦さが)
a0039199_22393293.jpg

プディングもアイスもキャラメルが濃厚過ぎず、あっさり、程よい甘さ。

食後の飲みものには、桃のハーブティーをいただきました。
桃(シャンパン)で始まって、桃(ハーブティー)で締めてみました(笑)。
a0039199_22395061.jpg

こちらは、友人が選んだライチ茶とマリーゴールドのオリジナルブレンドティー。
a0039199_22402144.jpg

見た目が美しい。ほのかに花の香りがします。マリーゴールドのお茶を飲んだのは初めてですが、とても飲みやすかったです。消化促進作用があるのだそう。


お店はシェフとマダムのおふたりだけで切り盛りをされていますが、お料理が運ばれてくるタイミングも、マダムのサービスも、淀みがありません。
全員が違うお料理をたのんだのに、全員同時に、冷たいものは冷たい状態で、温かいものはほかほかの状態でサーブしてくれます。すばらしい。

お料理もやさしい味わいで、安定したお料理といった感じがします。
ジビエがご自慢のようなので、お好きな方はジビエの季節に訪れるといいかもしれません(私はあまり得意じゃありませんが・・・)。

さて、チャーリーのお仕事ぶりについて。
前編にも書きましたが、愛想が良いのは、お出迎え時のみです。
後は、邪魔にならない場所でじっと寝そべっているか、ひとりで2階の居住スペースに上がって、休憩?お食事?(階段を上っている姿がめちゃめちゃキュート!)
a0039199_22405511.jpg

a0039199_2241252.jpg

そして、1時間おきぐらいでしょうか、どこからともなく現れ、各テーブルを回るのです。それも、愛想を振りまくでもなく、どこかで立ち止まるでもなく、淡々と。まるで本当に「仕事」をこなしているよう(笑)。名前を呼んでも素知らぬ顔で、目も合わせてくれません。
そして、もちろん帰られたテーブルには回らない。
寝そべる場所も、近くのテーブルの方が帰られたら、他のテーブルのそばに移動します。
a0039199_22411692.jpg

シェフもマダムもチャーリーには全くかかわらないので、すべてチャーリー自らの行動。
最後は、シェフとマダムとともに玄関でお見送り。このときもただ淡々と、仁王立ちしていました(笑)。
でもこの素っ気なさがまたいいのでしょうね。お食事中、いつも目に付くところにいたり、度々テーブルに遊びに来られたりしたら、お料理を楽しむどころじゃなくなっちゃうでしょうから。
まさに「総支配人」の名にふさわしいお仕事ぶり。
そう言えば、3時間余りの滞在中、一度も声を聞きませんでした。

美味しいお料理をいただいて、チャーリーのかわいさに癒されて。大満足の夜でした。
是非また伺いたいです。というか、伺います!


Cuisine Française 「épanoui (エパヌイ)」
東京都渋谷区広尾3-2-14
TEL 03-3407-1513
Lunch 金・土・日・祭日のみ 12:00~15:00(L.O.13:00)
Dinner 18:00~23:00(L.O.21:00)
定休日:水、第1・第3火


#関連記事
 広尾 「エパヌイ」 でディナー No.2 (07/10)
 広尾 「エパヌイ」 でランチ (10/12)
by camille_31 | 2007-08-04 23:53 |  FRENCH
<< 南青山 「ピエール・ガニェール... 広尾 「エパヌイ」 でディナー... >>