南青山 「ピエール・ガニェール・ア・東京」 でランチ (1)
※ 09/08/31閉店
a0039199_2215983.jpg

「ピエール・ガニェール・ア・東京」で、MAKIMIさんGLOBEさん、そして今回は、仕事が入って行けなくなってしまったTちゃん(涙)のピンチヒッターとして、GLOBEさんのお友達のMちゃんとお食事をしました。

その独創的な料理で「厨房のピカソ」と称される、フレンチの奇才 ピエール・ガニェール氏が、ニューヨークやロンドンでの出店要請を断り続け、東京に初出店したのは2005年11月。
オープン前から行ってみたいと思っていたのですが、独創的な自己主張の強いお料理は、好き嫌いがはっきり分かれるとのことで、お店の評価も賛否両論。
きっと私には合わないだろうな~と、行きたい反面、ちょっと躊躇していたのですが、7/26~8/1のガニェール氏来日に合わせ、行ってきました。

表参道の「プラダ」と「ヨック・モック」の間に建つ、個性的なビル(思いっきり逆光ですが)。
a0039199_22155249.jpg

日差しが突き刺す真っ昼間に、ちょうど太陽を見上げる形になって、紫外線を思いっきり浴びながら(汗)撮影しました。
真ん中よりちょっと右よりの、濃い茶色の部分がエレベーターです。
a0039199_221649.jpg

このエレベーターで4階へ。降りたところがレセプション。
a0039199_22162037.jpg

ウェイティングスペースはないのですが、全員が揃うまではテーブルに案内してもらえず、小さなバースペースで飲みものなしに待つことになるので、ご友人と行かれるときには、どこかで待ち合わせをしてからお店に向かわれるといいと思います。

この日は満席でした。店内の様子は帰り際に撮影。
a0039199_22163781.jpg

席に着くと、早速、ガニェール氏が挨拶にいらっしゃいました。
TVで拝見していたそのままのお姿にちょっぴり感動。笑顔がとても爽やかです。
後からいらしたお客さまにも、すべてご挨拶に回られていました。

「夏」の文字が書かれたメニュー。
a0039199_2216481.jpg

店名のロゴマークにもなっている「a Tokyo」部分はガニェール氏の直筆だそう。
「春」と「冬」をどなたかのブログで拝見したことがあるので、メニューが変わるのは年4回?

ランチのコース料理は、5,800円、7,350円、10,000円の3種類。
5,800円 ・・・アミューズ+魚料理or肉料理+デザート
7,350円 ・・・アミューズ+前菜+魚料理or肉料理+デザート
10,000円・・・アミューズ+前菜+魚料理+肉料理+デザート
前菜がなくて、アミューズの後にいきなりメインのコースって珍しいですよね。
ディナーは、17,000円、23,000円の2種類。
オープン当初よりもちょっと価格を下げたようです。

シャンパングラスがステキ。
a0039199_2217158.jpg

「マリオ・チオニ」というイタリアの会社のものだそう。
コロンとしたバターもかわい~い。
a0039199_1323854.jpg

アルコールが飲めないMちゃんは、お店の方のおすすめで、ノンアルコールのカクテル。
2つのグラスで1セット。ひとつはさらっとタイプ。もうひとつは果肉たっぷり。いろんなフルーツが使われているのですが、忘れました(汗)。
a0039199_22172425.jpg

GLOBEさんとMちゃんは前菜のない5,800円のお料理を、MAKIMIさんと私は7,350円のお料理をいただきました。
写真が多いので、覚悟してくださいね~(笑)。

まずは、アミューズの前に出される
アヴァン・アミューズ
a0039199_22173745.jpg

手前から、生姜のクッキーとひよこ豆のピュレのクッキー、セロリのフィナンシェ、サフランのメレンゲのお菓子。
サフランのメレンゲは、イカ墨のチップの上に突き刺さっています。口に入れた途端、しゅわっと溶けちゃいました。
セロリのフィナンシェは、セロリの香りが濃厚で、テーブルに置かれた途端、香りが漂ってきました。細かく刻まれたセロリも入っています。

ライスコロッケ
a0039199_22174864.jpg

ライ麦のパン
a0039199_22175766.jpg

小さいほうがパンの外側、大きいほうが中のふわふわ部分です。
別々に食べないほうが美味しいような・・・(笑)。

パン
パンは、ガニェール氏自身が「自分の料理に合うし、単体でもおいしい」という理由で選んだ「メゾンカイザー」。
a0039199_22181284.jpg

ミニバゲット以外は甘いパンでした。美味しいけど、お料理には合わないかな。


まだコースに入っていないのですが(笑)、写真が多いので、続きは(2)で。


「PIERRE GAGNAIRE à Tokyo (ピエール・ガニェール・ア・東京)」
東京都港区南青山5-3-2 南青山スクウェア4F、RF
TEL 03-3407-7133 
Lunch 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~21:30(L.O.)
定休日:日・祝・夏季1週間・年始1週間        ※ 09/08/31閉店
by camille_31 | 2007-08-08 23:37 |  FRENCH
<< 南青山 「ピエール・ガニェール... 広尾 「エパヌイ」 でディナー... >>