南青山 「ピエール・ガニェール・ア・東京」 でランチ (3)
「ピエール・ガニェール・ア・東京」でのランチ(2)の続きです。
長くてごめんなさい。


アヴァン・デセール
a0039199_2365813.jpg

右側は、ヌバーブのシロップ、オレンジの花の香りのホイップクリーム。
ホイップクリームの下に、真っ赤なヌバーブのシロップがたっぷり隠れています。
最近ヌバーブって人気ですね。たっぷりと入ったヌバーブのせいか、ホイップクリームのオレンジの花の香りは全くわかりませんでした。

左側は、手前から、ピスタチオとルッコラのピューレのタルト、キャラメルとカシューナッツ、苺ペーストのクッキー。
a0039199_2371378.jpg

デセール
桃のデザート:桃のシャーベットとムース ベルベーヌのシブースト
酸味のある桃のソースをテーブルでかけてくださいます。
a0039199_2373836.jpg

a0039199_2374767.jpg

木苺のデザート:木苺のメレンゲ バラの風味のマシュマロ ビスケット
a0039199_238675.jpg

こちらもテーブルで酸味のある木苺のソースをたっぷりと。
a0039199_2382878.jpg

桃のデザートも木苺のデザートも、最初は美味しいのですが、どちらも同じような酸味で、同じような味。多分後からかけられるソースが似たようなお味なのでしょうね(しかも、前のルバーブからず~っと同じ色!)。
食べすすめるうちにだんだん飽きてきて、甘いものが欲しいな~と思い始めた頃、MAKIMIさんが「チョコレートが食べた~い」と。
そしたら本当にチョコレートのデザートが運ばれてきました(笑)。

チョコレートのデザート:チョコのビスキュイ チョコのアイス ホワイトチョコの泡のムース
a0039199_239333.jpg

こちらはテーブルで風味付けのオリーブオイルを。
a0039199_2391741.jpg

エスプレッソマシンで泡立てたというホワイトチョコ。
a0039199_2393092.jpg

チョコのアイスとビスキュイはちょっぴり苦め。アイスの上にのったホワイトチョコとふわふわのムースは甘くて、程よいバランスでした。

食後の飲みものにはレモングラスをいただきました。
a0039199_2395082.jpg

ほとんどのお皿についている、この鳥居みたいなマーク。何だと思います?
a0039199_2310255.jpg

今までに正解を言い当てた人はひとりもいらっしゃらないとか。

正解は・・・パリと共通のお店のマークで、テーブルを横から見た図だそうです。
ガニェール氏の、テーブルでくつろぐようにお食事を楽しんでもらいたい、という思いをモチーフにしたのだそう。
そんなお話を伺った後では、マークがとてもかわいらしく見えてきたりして・・・。
椅子の背にも、グリーン地のところに小さく白で刺繍されています。


お料理は、全体的にあっさりめで、やさしい味わい。予想に反して(笑)、私好みのお料理でした。
「独創的な自己主張の強いお料理」とのことですが、スタイルはとても独創的ですが、お料理自体はさほど独創的でも自己主張が強くもありません。
もし本店と同じお味なら、ガニェール氏のお料理は日本人好みのお料理だと思います。
できれば、お野菜そのものをもう少しいただきたかったな~と思いますが・・・。
皿数は多いですが、全体的なボリュームは多くありません。
サービスも大変すばらしく、とても気持ちよく過ごせました。

海外に出店したり支店を出したりしても、出しっぱなしのシェフが多い中、ガニェール氏は、年に4回来日し、直接指揮監督をとられています。
この日も、すべてのテーブルにご挨拶された後は、ずっと厨房にいらっしゃいました。
ちょうど私たちのテーブルの後ろが一部ガラス張りになっていて、厨房を見ることができたのですが、驚くほど狭い空間に10数人の方がいらっしゃいました。
最も狭い場所は、更にその奥のパティシエのエリアだそう。

以前TVでも拝見したことがありますが、この厨房には3台のカメラが取り付けられていて、ガニェール氏は、いつでも好きなときに、パソコン上で厨房の様子を見ることができるのだそうです。
3台のカメラは、魚、肉、パティシエのところに各1台ずつ。気が抜けないですね。

帰り際にガニェール氏と一緒に写真を撮っていただきました。
長居をしてしまったので、すでにガニェール氏は私服に着替え済み。
a0039199_23251829.jpg
(薄い色合いのブロンドなんですが、フラッシュのせいかしら?光り輝いていますね^^;)

ひとりずつ握手をしてくださった後、ガラス張りのエレベーターに乗った私たちの姿が見えなくなるまで、手を振って見送ってくださいました。
次回伺うときも、ガニェール氏がいらっしゃるときに伺いたいな~と。

賛否両論分かれるお店なので、私たちも好き嫌いが分かれるかと思ったのですが、予想に反して(しつこい?笑)皆大満足でお店を後にすることができました。


「PIERRE GAGNAIRE à Tokyo (ピエール・ガニェール・ア・東京)」
東京都港区南青山5-3-2 南青山スクウェア4F、RF
TEL 03-3407-7133 
Lunch 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~21:30(L.O.)
定休日:日・祝・夏季1週間・年始1週間        ※ 09/08/31閉店


#南青山 「ピエール・ガニェール・ア・東京」 でランチ (1) (2)
by camille_31 | 2007-08-15 23:37 |  FRENCH
<< 南青山 パティスリー&カフェ ... 南青山 「ピエール・ガニェール... >>