南青山 「ランベリー」 でディナー (前編)
a0039199_223386.jpg

「ミシュランガイド東京 2008」で3つ星に選ばれた「ジョエル・ロブション」「カンテサンス」。どちらも大好きなお店ですが、その2店と同じくらいお気に入りの「ランベリー」
どうしてこちらは星がひとつしかないのか、私には疑問なのですが、オープンから1周年を迎えた昨年11月に、loveswedenさんと一緒に行ってきました。

予約をしていたのは、ミシュランガイド発売の翌日。
「カンテサンス」と「ランベリー」のどちらにしようか散々悩んで「ランベリー」に決めたので、プレス発表を聞いて、ちょっと選択誤ったかも、と思っちゃいました(笑)。
大好きなお店が評価されるのは嬉しいですが、星がつくことで予約が取りづらくなるのは悲しいですね。今も電話が繋がりにくいとか。次回「カンテサンス」に行けるのはいつでしょう?

ディナーは、以前は15,750円の1コースのみでしたが、現在は、12,600円、15,750円、21,000円の3種類があります。
昨年11月19日~24日は、1周年記念の特別メニュー(12,600円)のみ。
オープンから1年間で特に評判の良かったお料理をセレクションしたコースです。

この期間に行くことになったのは偶然だったのですが、好評だったお料理ばかりいただけるなんて嬉しい。
しかも、通常15,750円のコースにあたるお料理構成だそう。
前菜2皿、3皿目、メイン、デザートを、それぞれ4種類から選ぶプリフィクスになっていました。

アミューズ
a0039199_2251370.jpg

左から、オレンジのムース、山羊のチーズ、フォアグラのテリーヌ。
薄いシートは、紅芋や人参などの野菜のピュレを薄くのばして乾燥させたもの。薄くても、きちんと野菜の風味が感じられます。
緑色の台は塩。食べられません。

パン
a0039199_2210591.jpg

こちらのパンはloveswedenさんも私も大のお気に入り。もちろんお代わりしました。
バターは無塩と海塩入りの2種類。
a0039199_2253710.jpg

こちらのパンには、無塩よりも海塩入りのバターのほうが合います。海塩入りバターまでお代わりしました(笑)。

loveswedenさんの前菜一皿目
濃厚なオマール海老のクレームとマンゴー、キャビア
a0039199_225584.jpg

岸本シェフが「オストラル」時代から作られている前菜。
一口いただきましたが、濃厚でクリーミーなオマール海老のクリームに感動! マンゴーの甘みとキャビアの塩加減も絶妙です。

私の前菜一皿目
農園野菜のテリーヌ
a0039199_2261629.jpg

こちらも、「オストラル」時代から作られている定番の前菜。
17種類のお野菜が、それぞれ別々に茹でられ、調理され、味付けされた、こだわりのテリーヌです。
一度食べてみたいと思っていたので、迷わず選びました。

ぎっしりと詰まったお野菜たち。食べるのがもったいないほど美しい。人参なんて、細~く切られたものをポワローネギの白い部分で巻いてあるんです。芸が細かい!
お野菜の隙間は、ポルト酒とコンソメのジュレで埋められています。
添えられているのは、刻んだシブレット(ネギの一種)たっぷりのヴィネグレットソース。
期待通りの繊細さ、おいしさ、完璧さに大満足。

loveswedenさんの前菜二皿目
茨城県産栗のポルト酒風味とフレッシュトリュフのデュオ、フォワグラのポワレ
 ロワールのコトー・デュ・レイヨンのソース

a0039199_2263250.jpg

ちょっとわかりづらいですが、トリュフと栗を交互に重ねて、ミルフィーユ仕立てにしてあります。
左にあるのはリンゴのパイ。フォアグラとリンゴって相性がいいですよね。

私の前菜二皿目
赤座海老 カリカリのじゃがいも包み キノコのソテー エシャロット風味
a0039199_2265121.jpg

「農園野菜のテリーヌ」と同様、「オストラル」時代を岸本シェフと一緒に過ごした「オーグー ドゥ ジュール」の中村シェフもメニューにしているお料理。
そちらでいただいたときは、何となく物足りないお味に途中で飽きてしまったので、ちょっぴり不安だったのですが、こちらは、繊細な味わいでおいしかった~。
a0039199_2271039.jpg

じゃがいもは、マッシュしたものを細長くのばして巻きつけてあります。赤座海老の美味しさを邪魔することなく、それぞれの食感と味わいが絶妙なコンビネーションです。

3皿目とメインはふたりとも同じものを選びました。
蝦夷アワビ 青海苔とワサビ、フレッシュトリュフのリゾット
a0039199_2272548.jpg

このリゾットが絶品! 青海苔とワサビの風味がすばらしいです。お皿いっぱい食べてみたい。
でもアワビの記憶は・・・・・・(汗)。

メニューをいただいてきたので、お料理の名前はバッチリ。でもそれ以外は、訪問から2ヶ月近く経って、かなり記憶が怪しいです。
しっかりと覚えているお料理もあるのですが、写真を見てもよく思い出せないものも・・・。
記憶が鮮明なうちに、感想などをメモしておけばよかった~。


メインのお料理から(後編)へ続きます。


「La cuisine Française L'Embellir (ランベリー)」
東京都港区南青山4-17-33
TEL 03-3423-0131/0120-791-039
Lunch 木~土・祝 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 月~土・祝 18:00~21:30(L.O.)
定休日:日、第1・第2月
※ 2010年6月に移転しています。詳細はHPをご覧ください。


■関連記事
 南青山 「ランベリー」 でランチ (07/05)  (前編) (後編)
 南青山 「ランベリー」 でランチ No.2 (07/07)  (前編) (後編)
by camille_31 | 2008-01-16 23:52 |  FRENCH
<< 南青山 「ランベリー」 でディ... 代々木上原 「飄香(ピャオシャ... >>