西麻布 「ラ・グラップ」 でランチ
a0039199_2259490.jpg

相変わらず季節外れですが、東京に春一番が吹き荒れた日、loveswedenさんと西麻布の「ラ・グラップ」へ行きました。
「アンフォール」出身の加藤清和シェフのお店です。
「アンフォール」、昨年2月初めに表参道から八丁堀に移転したばかりなのに、1年に満たないうちに閉店してしまった、その理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
a0039199_22594095.jpg

「ラ・グラップ」は、西麻布の閑静な住宅街にあります。
こぢんまりとした店内はわずか16席。
ランチの時間でも、照明は落とし気味(写真は明るく修正しました)。
a0039199_22595381.jpg

私たちが通されたのは明るめの窓際の席でした。
この日、私たちの他には1組のみ。

お料理は、ランチが1,890円、3,150円、5,250円の3種類、夜は3,990円、6,300円の2種類のコースとアラカルト。
ランチの1,890円のコースは前菜(スープ)とメインの固定メニュー、真ん中の3,150円は前菜とメインが選べるプリフィクス、5,250円はシェフのお任せコースになっています。
悩んだ挙げ句、選べる3,150円のコースにしました。

パン
a0039199_230950.jpg

アミューズ
手前から、タラモのカナッペ、そばの実とそば粉のビスキュイ、ブータンノワール
a0039199_2302078.jpg

温かいブータンノワールは、クセもなく食べやすい。好きな人には物足りないかもしれませんが、苦手な人でもおいしくいただけると思います。

前菜は6種類からのチョイス。ふたりとも同じものを選びました。
人参のムースとコンソメジュレ うに添え
a0039199_2303622.jpg

こちらは「アンフォール」時代から作られている前菜です。
人参のムースとコンソメのジュレとウニのバランスが絶妙。これはまた食べたい!

メインは3種類。
loveswedenさんのチョイス。
新潟県津南豚肩ロースの煮込み 黒胡椒風味
a0039199_2321338.jpg

少しいただきましたが、よく煮込まれた豚がやわらかくてとろとろ~。
でも味がかなり薄かったです。もう少しちゃんと味がついているほうがおいしいのに。

私のメイン。
本日の鮮魚 ノイリー酒ソース ほうれん草と茸のソテー添え
a0039199_232256.jpg

この日のお魚はウスバハギ。お刺身、塩焼き、煮つけ、フライ、鍋物、どんな調理法にも合うお魚です。
付け合わせは、ほうれん草とシャンピニオンのソテー。
loveswedenさんのメインとは対照的に、こちらはお魚&ソースの味が濃すぎ。しょっぱくて、全部食べきれないかも・・・、と思ったのですが、付け合わせのお野菜がごく薄味なので、一緒に食べるとOKでした。

デセール
自家製ケーキの盛り合わせ
リンゴのタルト、黒糖のアイス、ブルーベリームース
a0039199_2323722.jpg

黒糖のアイスが一番おいしかったです。

食後の飲みものは、コーヒー、紅茶、ハーブティーから。
loveswedenさんはハーブティー(カモミールだったかしら?)、私はお紅茶を。
a0039199_10414565.jpg


メインが薄すぎor濃すぎた以外は、どれもおいしいと思いましたが、残念ながら印象に残るようなお料理ではありませんでした。
近くにあれば通いたいけど、わざわざ出かけるようなお店ではないかな~というのが二人揃っての感想です。
この日、マダムは他のお仕事があったようで、お店にはいらっしゃいませんでした。
サービスはソムリエの方のみ。帰りには加藤シェフと一緒にお見送りしてくださいました。


「La Grappe (ラ・グラップ)」
東京都港区西麻布1-11-1 ドリーム小野塚1F
TEL 03-3403-2029
Lunch 12:00~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~22:00(L.O.)
定休日:月
by camille_31 | 2008-08-06 23:26 |  FRENCH
<< 六本木 「クローバー」 銀座 「鳥よし」 で焼き鳥 >>