<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
麻布十番 「がいがい.」 で第2回日本酒の会
a0039199_23285819.jpg

第1回日本酒の会から9ヶ月あまり。ようやく第2回を開催しました。
メンバーは第1回のときと一緒。MAKIMIさんGLOBEさん、友人Tちゃんと私の4人。
お気づきの通り、フレンチの会と同じメンバーです(笑)。
日本酒の会で集まった私たちですが、実は皆フレンチが好きだということが判明し・・・、以来このメンバーで集まるときはいつもフレンチでした。

今回のお店は、GLOBEさん行きつけのお洒落な焼鳥屋さん「がいがい.」
照明をぐっと抑えた店内は、ダークブラウンの木目とガラスが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。こんなにオシャレな焼鳥屋さんは初めて。
焼きものの大きなオープンキッチンをぐるりと囲むカウンターと、テーブル席、大小個室。
私たちは4人掛けのテーブル席に座ったのですが、煙は全く漂ってきませんでした。
TOPの写真は、入口にある、控えめなかわいらしい看板。

暗い写真ですが、いただいた順にさくっとお料理をご紹介します。
笹身梅しそ (甲州赤毛鶏)
a0039199_23295197.jpg

葉野菜のマリネ
a0039199_23305565.jpg

もも (薩摩若しゃも)
a0039199_23311056.jpg

もも (名古屋コーチン)
a0039199_23313083.jpg

ぼんぼち (甲州赤毛鶏)
a0039199_23314913.jpg

つくね (比内地鶏)
a0039199_23321113.jpg

トマトの肉巻
a0039199_23323241.jpg

せせり
a0039199_23324631.jpg

ひざ軟骨 (甲州赤毛鶏)
a0039199_2333938.jpg

薩摩豚 (炭火串焼き)
a0039199_23341957.jpg

イベリコ豚 (炭火串焼き)
a0039199_23345063.jpg

大分の銀杏
a0039199_2335562.jpg

〆はおにぎり。
GLOBEさんのオススメはづけまぐろとアボカド。私のチョイスは鮭といくら。
a0039199_23361641.jpg

ピンボケですが、こちらはお店からのサービスで、柚子のアイス(だったような・・・)。
a0039199_23355252.jpg


まず最初に「天然柚子の蜂蜜水」(←GLOBEさんのオススメ。美味し~い!)を1杯ずついただいた後、日本酒は1合を4人で均等に分ける形で、6種類いただきました。
a0039199_23374960.jpg

どのお店でもそうだと思いますが、同じ鶏でも、焼く人によって多少味が変わりますよね。
このお店も、店長さんが焼くものが一番美味しいらしいです。
この日店長さんがいらっしゃるかどうか、事前にGLOBEさんが確認してくださいました。

雰囲気もいいし、お料理も美味しい。
お値段は、これだけ食べて、飲んで、ひとり約7,000円。すばらし~い!
毎回お皿を替えてくださるのにもびっくりでした。
常連のGLOBEさんのお陰で嬉しいサービスまでしていただけて・・・、大満足のひとときでした。GLOBEさん、どうもありがとう!
是非また伺いたいです。


「がいがい.」
東京都港区麻布十番1-3-1 アポリアビル1F
TEL 03-3586-3335
18:00~翌5:00
定休日:なし
by camille_31 | 2007-10-30 23:45 |  JAPANESE
麻布十番 「エル ブランシュ」 で体にやさしいフレンチ
a0039199_21263436.jpg

9月初め、体にやさしいフレンチがいただけると評判の「Aile Blanche(エル ブランシュ)」に、loveswedenさんと伺いました。
店名の「Aile Blanche」はフランス語で「白い羽」という意味。
「夜遅くても、くつろいでワインをたのしみ、おいしい料理を食べることのできるレストラン」というコンセプトで、営業時間は18:00~3:00、ラストオーダーは深夜2時。
今年の3月にオープンして以来、様々なメディアで取り上げられているお店です。

体にやさしいお料理は、調理法に対する配慮だけではなく、素材にもこだわっていらっしゃいます。
野菜は、現在80%が福井県丸岡町の契約農家による無農薬野菜、魚介類は、全国30ヵ所以上の漁港から毎日届く天然もの。

そしてこだわりは塩と水にも。
お塩の場合、肉料理にはゲランドの自然海塩を、魚料理にはペルーの標高3,300mにあるマラスの塩田でとれる天日塩を、野菜料理にはオーストラリアの500万年前の塩湖でとれる自然塩を、というように使い分けていらっしゃるそう。
お水は、宝石を通して作られるミネラルウォーター「エレン水」を中心に、福井県の老舗造り酒屋「久保田酒造」が日本酒を作るときに使う地下250mからくみ上げた仕込み水など、こちらも料理に合わせて使い分けているのだとか。

店内は、小さめの4人掛けのテーブル5つ(19席)と、シェフズテーブルと呼ばれる大理石のカウンターが5席。
「白い羽」の店名通り、白を基調とした、清楚な印象のこぢんまりとしたお店です。
白一色の中、スタッフのユニフォームの鮮やかなオレンジ色がアクセントになっていました。
a0039199_21273996.jpg

カーテンの向こう側が、厨房とシェフズテーブル。
帰り際に案内してくださったのですが、こちらはカウンターも床も真っ白な大理石。目の前で調理している様子が見られる他、女性のひとりフレンチも歓迎しています。

お料理は、プリフィクスで、6,300円、8,400円、10,500円の3種類。
私たちは、散々悩んだ挙げ句、8,400円のお料理をいただくことにしました。
冷前菜+温前菜+本日の魚料理or本日の肉料理+デザート。
10月からメニュー構成や表記方法をわかりやすく変えたそうなので、現在は、同じお料理でも、私たちがいただいたときとはメニュー名がちょっと違うようです。

アミューズ・ブーシュ。
桃の冷たいスープ
a0039199_2128093.jpg

桃と濃厚なダブルコンソメを合わせたスープ。もうちょっと桃の味が濃いほうが嬉しいかも。

冷前菜は、ふたりともHPで気になっていたものを選びました。
福井県丸岡町の久保田酒造の仕込み水を使った新鮮野菜のアスピック、アルガンオイルソース
a0039199_20562378.jpg

お野菜は、福井県丸岡町の無農薬野菜。
ゼリーに使用しているお水も、同じく丸岡町で250年続いている老舗の「久保田酒造」の仕込み水(湧水)。
添えられている塩は、西オーストラリア奥地の塩湖からとれた500万年前の自然塩。
すごいこだわりようですね。
a0039199_20564334.jpg

でもお味は期待していたほどでは・・・というのがふたり揃っての感想。期待が大きすぎたのかも。

パン
a0039199_21285055.jpg

このパン、美味しいです! 自家製なのですが、皮がカリッ、中はモチモチッ。もっと食べたかった~。
バターも自家製。こちらも美味しい。
a0039199_20575834.jpg

上のパンを食べ終えると次から出てくるのはバゲット(写真撮り忘れました)。
こちらは自家製ではありません。やっぱり自家製のパンのほうがおいしい!

温前菜。
loveswedenさんのチョイスは、
フランス、ランド産フォワグラのポワレを浮かべたキノコのポタージュ
a0039199_21292918.jpg

こちらは+600円。
メニューを見て、キノコのポタージュがメインなら、私もこちらを、と思ったのですが、メインはとろ~りとしたフォアグラ、とお聞きして、断念。
少しいただいたのですが、私の苦手なとろっとろのフォアグラでした。フォアグラ好きにはたまらないかも。

私のチョイスは
サロマ湖産帆立貝のポワレを添えたキプロス産のブルガー小麦のリゾット
a0039199_21302520.jpg

さっとポワレされた帆立があまりにもやわらかくてビックリ! 大きさはそれ程でもないのですが、こんなにやわらかい帆立は初めてで、感動しました。
「こんなに美味しい帆立をいただいたのは初めて!」とおっしゃるお客さまもいらしたとか。
確かにこのお皿が一番美味しかったかも。

メイン料理は、「本日の魚料理」か「本日の肉料理」からのチョイス。
ふたりでどちらにしよう?となかなか決められずにいたら、「一皿ずつ選ばれたことにして、半分ずつお出ししましょうか?」と提案してくださいました。わ~、なんて親切なんでしょう。喜んでお言葉に甘えることに。

まずは、本日のお魚料理。
漁港直送 本日の天然魚の料理
長崎の漁港から届いたマトウダイのポワレ、サフランのソース
a0039199_2131355.jpg

やさしい味わいでおいしい・・・と言いたいところですが、マトウダイが場所によってかなり塩味がきつかったです。もしかして、間違ってお塩ふりすぎちゃった?というくらい。
ワインがすすんで良かったのかしら?(笑)

こちらがこの日のお肉料理。
ランド産プーレ・ジョンヌのポーピエット、ジャガイモのコンフィ、赤ワインソース
a0039199_20582873.jpg

プーレ・ジョンヌ(プーレ・ジョーヌ)=フランス産の最高級地鶏、ポーピエット=詰め物をして巻いたもの。
えっと、こちらはよく覚えていません・・・(汗)。
美味しいけれど、特に特徴のあるお味ではなかったような気がします。

デセールは2種類。
この日は、loveswedenさんのお誕生日のお祝いでした。
なので、loveswedenさんのデセールは、お誕生日仕様。
いちじくのコンポート、シナモン風味のアイスと紅茶のジュレ
a0039199_2171113.jpg

ざくろのジュースでコンポートされたいちじくが濃厚。
シナモン風味のアイスとキーモン紅茶のジュレともよく合います。

私もいちじくにかなり惹かれたのですが、迷った末、もうひとつのほうをいただくことに。
ぶどうのささやき、ソーダのジュレとぶどうのアイスボール
a0039199_210367.jpg

巨峰とマスカットが甘~い。ソーダ水のジュレがさっぱりとして、爽やかなデザートです。
冷たいふどうのアイスボールが口の中でゆっくり溶けるのもいい感じ。

プティフール
a0039199_21315632.jpg

ハート型のお皿がかわい~い。飲みものはいつも通りお紅茶を。
a0039199_21321374.jpg

全体的にあっさりとしたお料理でした。
どれも美味しかったのですが、これと言って特出するものはなく・・・。
アットホームでスマートなサービスも気持ちがよかったのですが(メインの提案もとっても嬉しかったし)、あまり印象に残らない、そんなお料理&お店でした。
HPやブログ(シェフのブログマネージャー兼ソムリエのブログ)を見すぎて、期待が膨らみすぎていたのかも(笑)。
お値段がもうちょっと安ければ、満足度も上がっていたかもしれません。
コースではなく、アラカルトで少し軽めにいただくのがいいのかもしれませんね。

帰りは、シェフの弟さんであるマネージャー兼ソムリエの方がビルの1階入口で、私たちの姿が見えなくなるまで見送ってくださいました。


「Aile Blanche (エル ブランシュ)」
東京都港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番5F
TEL 03-5439-4338
18:00~27:00(L.O.26:00)
定休日:日・第2月
by camille_31 | 2007-10-27 23:11 |  FRENCH
Hawaii 2007:4、5日目(9/18、19) 帰国
a0039199_21192815.jpg

ハワイで3泊なんてあっという間。
9/18 13:05 ホノルル発、JALウェイズにて帰国です。
フライト時間は8時間10分。翌9/19 16:15 成田着。

出国時のホノルル空港は、いつも、嫌になるほど混んでいますね。
10時、11時台の便が多いので、午後なら少しは空いているかな~と思っていたのですが・・・、甘かったです。
帰りの機内は、映画が一斉上映どころか個人用モニターもありませんでした。
JALの国際線に乗ったのは久し振りだったのですが、やっぱり私はANAのほうが・・・。

ファーストサービス (昼食)
a0039199_2120925.jpg

メイン:ポークカレーライス又は鶏御飯
私は鶏御飯をチョイス。
a0039199_21202263.jpg

ご飯が、写真上部の1/4くらい、カッチカチになっていて食べられませんでした。

カレーコロッケ ゴボウサラダ添え
親子焼き / サツマ芋旨煮(←あれ?メニューと違う?)
日本そば
洋梨のチョコレートソース掛け
a0039199_21204366.jpg

洋梨大好き。チョコ大好き。でも一緒にしちゃダメですよね・・・。

セカンドサービス (軽食)
クロワッサンサンドウィッチ マカロニサラダ添え
ダイスカット フルーツ
a0039199_2121387.jpg


ホントにあっという間の3泊5日でした。
大勢の人に、ハワイは私のイメージじゃない、と言われましたが(本人も自覚。笑)、かなり楽しんできました。次回訪れたら、絶対にまたセスナの操縦をしたい!
慌ただしいハワイ旅行記におつき合いいただき、ありがとうございました。
by camille_31 | 2007-10-24 23:07 |  ハワイとグルメ
Hawaii 2007:3日目(9/17) セスナの体験操縦
a0039199_23264362.jpg

3日目は、セスナの体験操縦をしました。
実は、前回ハワイを訪れたときに(ってかなり前ですが)体験しようと現地で申し込んだら、既に予約でいっぱい。なので、今回は日本で早めに申し込みをしました。

ホテルへのお迎えは13:30。
ゆっくりとホテルで朝食をいただいた後、カラカウア通りを友人とショッピングしました。
最近旅先で全く買い物をしなくなった私ですが、今回は、話題の「エジプシャンマジック」($40/日本での販売価格は10,500円)と、「ホノルル・クッキー・カンパニー」でパイナップル型のクッキーを購入しました。

日本出発前に、ハワイ通の方に教えていただいた「ホノルル・クッキー・カンパニー」。かわいいし美味しい。おみやげにオススメです!
パイナップル型のクッキーには8種類のフレーバーがあって、すべて試食ができます。
私のお気に入りは、チョコレートマカダミア、コナコーヒー、トリプルチョコレートセレブレーション。
a0039199_23273218.jpg

セット売りの他、1枚ずつ個装されているので、1枚から購入できるのはもちろん、好きなものをチョイスしてBOXに詰めることもできます。


ランチは、ワイキキ・ショッピング・プラザでロコモコを食べました。
a0039199_23275771.jpg


午後は念願のセスナ・パイロット体験操縦。
ホテルに迎えに来ていただいて、ホノルル空港へ。
空港内にある小さな建物で、本当に簡単な操縦の説明を受けただけで、早速操縦です。しかも乗るのは操縦席!インストラクターは副操縦席だなんて、ちょっと驚き。

私たちが乗ったセスナはこちら。4人乗りです。
a0039199_23282863.jpg

ひとり約30分、離陸から着陸まで、すべてメインで体験させてもらえます。インストラクターは、管制塔との交信と補助。
a0039199_23284010.jpg

まずは、ホノルル空港を離陸したら、パールハーバー、パイナップル畑を通って、ノースショアまで、オアフ島を縦断。
一旦、海に出た後、左旋回して陸へ戻り、北岸にある小さな空港の海岸線と平行に走る滑走路に降ります。
着陸したら、今度は操縦を交替。ホノルル空港へ戻ります。
体験操縦の順番はじゃんけんで決めました。行きが私(ひぇ~)、帰りが友人。

コックピットに座って、ヘッドセットをつけ、エンジンをかけて、ジェット機と同じ滑走路へ。
地上での左右への方向転換は、操縦桿ではなく、足のペダルで行います。
滑走路で、管制塔から離陸の許可が出るのを待って、ドキドキわくわくの私↓
a0039199_23285456.jpg

許可が下りたら、右手のスロットルを全開に。
60ノット(約110km/h)までスピードが出たところで、インストラクターの指示通りゆっくり操縦桿を手前に引くと、簡単に機体が浮き上がって、びっくり&感動。そして大興奮!
a0039199_2329971.jpg

予め「今日は風が強いので、かなり揺れますよ」と言われていたのですが、その揺れ方は想像以上。
激しく揺れる度にドキドキして、操縦桿を強く握りしめてしまい、思わず、「風が強すぎて落ちる、ということはないんですか?」とおバカな質問を。
「ありません!」と断言されたら、もうすっかり安心モード。めちゃめちゃ楽し~い♪
燃料がなくなるまで操縦していたいと思ったくらい(笑)。
着陸もあっけないほど簡単でした。インストラクターに着陸を褒められて上機嫌な私(笑)。

帰りは友人が操縦。
a0039199_23292514.jpg

操縦しているよりも後ろに乗っているほうが揺れが怖い・・・。
揺れる中、後部座席から撮影したパイナップル畑。
a0039199_23293734.jpg

赤茶色の部分は収穫が終わったところだそう。
a0039199_23294822.jpg

ブレブレ写真ですが、こちらはパールハーバー、アリゾナ記念館。
a0039199_23295884.jpg

白っぽく色が変わっているところは、いまだに戦艦アリゾナからオイルが漏れているところ。上空からだとこんなにはっきりとわかるんですね。ちょっと心が重くなった瞬間でした。

操縦しながら見下ろしていた光景をどうにかカメラに納めようと、揺れる中必死になってデジカメを構えていたら・・・、酔いました(苦笑)。
しかも、頑張ってたくさん撮ったのに、全てブレブレ(泣)。
a0039199_2330135.jpg

ホノルル空港が見えてくる頃になって、ようやく機体が安定してきました。
a0039199_23302836.jpg

こうして見ると、ワイキキも近そうですね。実際には空港から車で30~40分かかります。
a0039199_23304011.jpg

ホノルル空港に到着。
a0039199_23305448.jpg

すご~~く楽しかったです。念願が叶って幸せ。

操縦訓練証書とログブックをいただいて、大興奮&大満足でホノルルに戻ってきた私たちは、「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート」(旧シェラトン モアナ サーフライダー)でのんびりお茶タイム。
a0039199_23313311.jpg

グアバ、パイナップル、ストロベリーのブレンドに、ココナッツクリーム、オレンジジュース、バナナを加えた「トロピカル・ブリーズ」。美味し~い!


ハワイ最後の夜は、「ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート&スパ」エヴァタワー内の「チャオ メン」を予約していました。
こちらは、イタリアンとチャイニーズを融合させたお料理。
ちょっと想像がつきませんよね。でも、「テイスト オブ ホノルル」のベストテイスト賞をはじめ、毎年多くの賞を受賞しているだけあって、ハワイでいただいたお料理のうち、一番おいしかったです。食べ方は、1皿を取り分ける中華スタイルで、お料理も中華にイタリアンのエッセンスが加わったという感じでしょうか。
コース料理で全9品。繊細な味付けでどのお料理もおいしかったのですが、暗くて写真は全滅でした(涙)。
by camille_31 | 2007-10-20 00:37 |  ハワイとグルメ
Hawaii 2007:2日目(9/16) 食べ過ぎのディナー
a0039199_17501041.jpg

プリンスヴィル・リゾートに後ろ髪を引かれながら、17:00カウアイ島発、アロハ航空にてワイキキへ。
ワイキキ到着は17:29。
行きで懲りたので、機内サービスのドリンクはパスしました(笑)。

カウアイ島、リフエ空港に咲いていたハイビスカス。黄色いハイビスカスはハワイの州花だそうです。
a0039199_17513134.jpg


この日のディナーは、ワイキキの入り口にある「ニックス・フィッシュマーケット」へ。
「ホノルルマガジン」でハワイのベストシーフードレストランに選ばれたことがあるお店です。
ハワイに来て胃袋が大きくなった私たちは、前菜3皿(シェア)+ロブスター(シェア)+メイン+デザートをオーダー(食べ過ぎ!)。
どれも美味しかったのですが、落ち着いた店内はかなり照明が落としてあって、残念ながら写真は全滅でした(涙)。

メインは、友人と違うものを選んで、半分ずついただくことに。
私が選んだメインは、「ハワイアン アヒ ステーキ」($35.93)。
~ハワイ産マグロの両面を軽く焼き上げたものに、椎茸、サヤエンドウ、ショウガ醤油、オニオン等にライスを添えて~
かなりピンボケですが、こんな感じ。
a0039199_17524882.jpg

友人のチョイスは、「ハワイアン オパカパカ」($35.93)。
~ハマダイをソテーしたものに、サンドライド、トマト、バジル、ガーリックバターソース、パルメジャンチーズ、クリスプ、ローストトマトを添えて~
こちらもたっぷりのライスの上にのっていました。

メインが運ばれてくるまでに既にお腹がいっぱいになっていたのですが、このメインがまた予想を裏切らないボリューム。ライスもたっぷりなので、日本人なら、前菜+メイン、もしくはメイン+デザートで十分だと思います。明らかに私たちは食べ過ぎです(苦笑)。
毎食食べ過ぎたハワイでしたが、この夜が一番、死ぬほど食べました。
by camille_31 | 2007-10-14 23:01 |  ハワイとグルメ
Hawaii 2007:2日目(9/16) プリンスヴィル・リゾート
a0039199_2328294.jpg

カウアイ島へ来た目的は、プリンスヴィル・リゾートでのんびり過ごすこと。
130万坪にもおよぶ広大な敷地を保有し、そのうちの9割は森林や牧場で、リゾート施設の面積はほんの1割程度という、高級リゾートです。
オーシャンビューのお部屋は、1泊800ドル以上もするのだとか。

ホテルは斜面に建てられていて、ロビーがあるのは9階。
ここからの眺めがステキです。
a0039199_23285229.jpg
a0039199_2329540.jpg
a0039199_23291543.jpg
a0039199_23292832.jpg
a0039199_23294488.jpg

ロビーから階段で1フロア下がったメイン・ダイニングで、ランチの予約をしていました。
a0039199_2337211.jpg

席は迷わずテラス席をチョイスしました。
コンチネンタル・ビュッフェは種類がすご~く豊富で嬉しい。
綺麗な景色を眺めながらいただくと、美味しさが倍増します。屋根があるので、強い日差しも遮られて、とっても爽やか。
こちらはいただいたお料理のほんの一部。
a0039199_23423053.jpg

a0039199_23424583.jpg

ゆっくりとお腹いっぱいランチをいただいた後は、ホテルのプライベートビーチでのんびりしました。
a0039199_23432378.jpg
a0039199_23433474.jpg
a0039199_23434327.jpg
a0039199_2344360.jpg
a0039199_23341278.jpg

by camille_31 | 2007-10-10 23:57 |  ハワイとグルメ
Hawaii 2007:2日目(9/16) キラウエア灯台
a0039199_188962.jpg

キラウエア灯台は、ハワイの主要8島の最北端に位置するキラウエア岬にあります。
a0039199_1885046.jpg

1913年に建てられた灯台は、1976年に無線標識が設置されてから使われていませんが、回転式灯台としては世界最大だそう。
a0039199_1891014.jpg

灯台の周囲は野生動物保護区になっています。
a0039199_189334.jpg

岬の先端から見える、モクアエアエ島。カツオドリの楽園だそうです。
a0039199_1894625.jpg

よく見ると、アザラシが1頭休んでいました。
真ん中よりちょっと下の方、白いものが横たわっているの、わかります?
a0039199_181064.jpg

ズームで撮ってみました。
a0039199_18102589.jpg

こんな写真じゃよくわかりませんね^^;
有料の望遠鏡で見ると、休んでいるアザラシがはっきりと見えました。
ここはザトウクジラの観測場所としても知られ、冬にはクジラの潮吹きやジャンプが見られるそうです。

野生動物保護区なので、たくさんの海鳥が飛び交っていましたが、地上にも野生の鳥がいます。
こちらは、ハワイの州鳥「ネネ」(ハワイガン)。
a0039199_18105341.jpg

一時絶滅の危機に瀕するほど減少したため、現在も保護政策が取られているそうです。

土の斜面に掘られた海鳥の巣穴をたくさん見かけたのですが、小枝を集めて作られたこちらも海鳥の巣?
a0039199_1811858.jpg

ヒナが見えます。
外に出てきてくれないかな~としばらく見ていたのですが、ダメでした。
諦めて歩き出したら、ちょっと離れた場所に、巣から出てきている子を発見。
a0039199_1811569.jpg

毛がふわっふわ。かわい~い!
a0039199_18121182.jpg

細い木が生い茂る、人の手の届かない場所にいます。
そしてこんなところにも。
a0039199_1154346.jpg

ちっちゃ~い。上の子とは、毛の色も巣も違うので、違う種類の鳥でしょうね。

とってもユニークな木がありました。
a0039199_18124162.jpg

a0039199_18125479.jpg

a0039199_18131098.jpg

高さは膝下くらい。絶滅の危機にある植物のようです。
a0039199_18133362.jpg

この後は、いよいよ目的地へ向かいます。
by camille_31 | 2007-10-07 23:52 |  ハワイとグルメ
Hawaii 2007:2日目(9/16) カウアイ島へ
a0039199_22575994.jpg

2日目は、早起きをしてカウアイ島へ行きました。
ハワイ島とマウイ島へは行ったことがあるのですが、カウアイ島は初めて。

国内線も国際線と同様の厳しいセキュリティチェックがあるので、ちょっと早めに、6時20分過ぎにホテルを出発しました。
朝6時過ぎ、日の出前のワイキキビーチは、神秘的な青さ。
a0039199_22584810.jpg

a0039199_22585850.jpg

8:10 ホノルル発、アロハ航空にてカウアイ島へ。
アロハ航空は席の指定がないため、搭乗開始前から、眺めのいい席を目指してゲートの前に列ができます。ちょっと不思議な光景。
機内でコーヒーorジュースのサービスがありますが、飛行時間が短いので、配り終えるとすぐに空き容器を回収しにきます。慌ただし~い。コーヒーを選ぶと火傷します(笑)。
8:47 カウアイ島着。

カウアイ島といえば「シダの洞窟」が有名ですよね。
そのシダの洞窟へと流れるワイルア川。
a0039199_22591944.jpg

今回は、のんびりすごしたい場所があるので、シダの洞窟に行くのは断念しました。
目的地へ向かいながら、ちょこっと観光。


オパエカア滝
a0039199_22594578.jpg

a0039199_22595882.jpg

ワイルア川の支流、オパエカア川が落下した滝。
「オパエカア」とは「飛び跳ねるエビ」という意味で、かつてたくさんのエビが生息し、ピチピチ跳ねる様からその名がついたのだそうです。

ハワイでたくさんの野鳥を見ましたが、オパエカア滝の展望台にいた子たち。
オアフ島でもよく見かけた、ハワイの鶏「MOA」。
a0039199_2312384.jpg

ハワイの鳥は人懐こい鳥が多く、近づいてもあまり逃げません。
うずくまったこの子はチョウショウバト。
a0039199_2314349.jpg

ハワイでたくさんのハトを見ましたが、日本でよく見かけるハトよりも小ぶりで細め、特にオアフ島では真っ白なハトが多かったです。


キラウエア灯台
a0039199_2332255.jpg

ハワイ主要8島の最北端に位置するキラウエア岬にある灯台。
周囲は国定野生動物保護区にになっています。

それ程長い時間いたわけではないのですが、ここでの写真が結構あるので、続きは次の記事にしますね。
by camille_31 | 2007-10-03 00:21 |  ハワイとグルメ