<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
7日目(8/28):クロアチア 首都「ザグレブ」(1)
a0039199_1834288.jpg

すっかり滞っていましたが、クロアチア旅行記の続きを・・・。


クロアチアの首都「ザグレブ」は、内陸部に位置する、人口約80万の古都。
アドリア海に沿って連なるディナル・アルプス山脈が地中海世界と内陸部とを遮断し、ヴェネチアの影響をもたらさなかったため、アドリア海の都市とは全く異なる趣があります。
影響を与えたのはハンガリーとオーストリア。
町は、中世の町並みが残る丘の上の旧市街と、19世紀の建物が建ち並ぶ丘の下の新市街に分かれています。

当初、ザグレブの観光は午後の予定でしたが、7:20というとんでもなく早い時間に着いてしまったので、到着後すぐに観光を始めました。徒歩での旧市街観光です。

カプトルとグラデッツ(現ゴルニィ・グラード)という2つの丘から成り立つ旧市街。
緑に囲まれた町並みには、ゴシック様式やバロック様式の重厚な建築物が多く存在します。

聖母被昇天大聖堂
a0039199_18345572.jpg

カプトル地区の丘に建つ、ザグレブのシンボル。13~18世紀にかけて建てられました。
高さ105mのふたつの尖塔は、町のいたるところから見ることができます。
現在の外観は、1880年の大地震後に修復されたもので、ネオゴシック様式を取り入れて再現されました。

修復時に予算不足だったため、ザグレブ近郊から採取した砂岩を使用したそうですが、柔らかい砂岩を使ったために傷みが激しく、1900年代の前半に南塔、第二次大戦後に北塔の一部が早くも修復されることになりました。
1990年、大聖堂を長期にわたり維持するためのプロジェクトが立ち上がり、ファサードの砂岩を石灰岩に置き換える作業が現在も続けられています。
a0039199_18351540.jpg

ステンドグラスで飾られた内部は、天井が高く、荘厳な雰囲気が漂っています。
a0039199_18353115.jpg

a0039199_1835401.jpg

グラゴール文字。
a0039199_18355114.jpg

「グラゴール文字」とは、スラブ圏最古の文字。
ギリシャ正教会の司祭キュリロス(827~869年)と兄メトディオス(826~885年)が、異教徒への布教のために考案した文字です。
その後、正教会の勢力圏では「キリル文字」(現在スラヴ圏で広く用いられている「キリル文字」(キュリロスに因む)は、キュリロスの弟子らがグラゴール文字を改良して作ったものだとされています)に移行していきましたが、ローマ・カトリック圏に属するクロアチアでは、近代までクロアチア語の表記にグラゴール文字を用いていたそうです。

写真の左手前に、グラゴール文字を考案したふたりの司祭の祭壇があり、ロウソクが灯されていました。

大聖堂横の花壇。
a0039199_18444315.jpg

ザグレブ市の紋章をかたどった花壇かと思ったのですが・・・違いました^^;
でも何かの紋章ですよね、きっと。

大聖堂前のカプトル広場に建つ聖母マリアのモニュメント。
a0039199_183636.jpg


青果市場
a0039199_18362581.jpg

「ザグレブの胃袋」とも呼ばれる青果市場は、1926年から旧市街にあり、現在残っている市場の中で最も古いものだそうです。
地下もあり、ここでは主にお肉などが売られていました。
a0039199_18363574.jpg

石の門
a0039199_18364570.jpg

中世にグラデッツ地区を囲んでいた城壁にあった城門の一つ。
当時、東西南北に4つの門がありましたが、その中で現存する唯一の城門(東門)です。

門の内部には聖母マリアのイコン(聖画)が収められた小さな礼拝堂があります。
a0039199_18365844.jpg

中世に造られた当初の城門は木製でしたが、1731年の大火で焼け落ちたてしまったときにも、この聖母マリアを描いたイコンだけは無傷だったそうです。
大火がおさまった後に、まだくすぶる灰の中から拾い出された無傷のイコンに人々は驚き、大切に保管しました。
1760年に石で造りかえられた際、礼拝堂を設け、この奇跡のイコンが収められました。
現在も、ロウソクを灯し、祈りを捧げる人が絶えません。
by camille_31 | 2009-05-31 23:03 |  クロアチア・スロヴェニア
大崎・五反田 「おはらス・レストラン」 でランチ
a0039199_1612968.jpg

大崎駅と五反田駅のほぼ中間、どちらから歩いても約5分ほどのところにある「Ohara's Restaurant」
『ミシュランガイド東京 2008』で1つ星に選ばれたお店です(そう言えば、ミシュランガイド買ったのに、その後一度も開いていないな~と思い、2009年版は買いませんでした。笑)。

loveswedenさんとランチに伺ったのは、昨年の10月。
お店は住宅街の中にひっそりと佇んでいます。
a0039199_162477.jpg

お店は地下にあり、ドアを開けるとドイツ人マダムが笑顔で迎えてくれました。
地下とは思えない明るい店内。明るく爽やかな空気が漂っています。
a0039199_1622128.jpg

フレンチレストランといえば、断然女性客が多い、という印象ですが、このお店はカップル率が過去最高でした(女性同士は私たちを含め3組のみ)。

ランチでいただけるのは、ランチ・コースの3,150円、5,250円と、夜と同じ「旬のコース」7,350円の3種類。
3,150円は、前菜+メイン+デザート、5,250円のほうはこれにスープがつきます。
前菜とメインはプリフィクス。スープも魅力的だったのですが、前菜・メインともに食べたいものが3,150円のコースのほうにあったので、そちらをいただくことに。
前菜は3種類、メインは4種類からのチョイスでした。

loveswedenさんの前菜
おはらス特製 ブーダン・ノワールのキッシュ仕立て 香草サラダ添え
a0039199_1623595.jpg

温製です。loveswedenさんがかなり気に入られていました。一口いただきましたが、おいしかった~。
キッシュ仕立てでまろやかになっているので、ブーダン・ノワールが苦手な人でもおいしくいただけると思います(私もちょっぴり苦手)。
手前は、マスタードとリンゴのコンポート。

私の前菜
冷製 森の木の子のテリーヌ トマトの乳化ソース添え
a0039199_12473989.jpg

きのこがぎっしりとつまっています。
テリーヌにトマトのソースって珍しいですよね。乳化されているため、トマトはあまり主張していなくて、とってもまろやか。きのこのテリーヌによく合っていました。

パン
a0039199_163145.jpg

熱々のパンがおいしかったです。お代わりしたかったけど、持ってきてくれなかった・・・。

loveswenさんのメイン
自家製ハムのグリエ シャルキュティエール・ソース添え
a0039199_1631631.jpg

私のメイン
牛腹身肉(サガリ)の直火網焼き エシャロット・ソース添え
a0039199_1634230.jpg

どちらも、特にインパクトはなく、見た目通り、想像通りのお味。

デザート
メレンゲのカラメルソースがけ
a0039199_1635621.jpg

食感もお味もマシュマロみたいでした~。
a0039199_1641145.jpg

デザートを食べ終えるまで飲みものが出てこないのですが、コーヒーや紅茶がなくても食べられる甘さちょぴり控えめ。
スプーンだけ、というのがちょっと食べづらかったです。

食後の飲みものは、エスプレッソか紅茶のみ。
私はお紅茶を。
a0039199_1642538.jpg

5,250円のコースだと、プティフールがついてくるようです。

3,150円でこれだけいただければ十分だし、特に不満はないのですが、星がついているのはちょっと不思議な気が・・・。
こちらのお店も1つ星。同等というのが私にはどうにも・・・・・・でした。


「Ohara's Restaurant (おはらス・レストラン)」
東京都品川区大崎5-4-18 ヤクモビルB1F
TEL 03-5436-3255
Lunch 11:30~14:00
Dinner 18:00~22:00
定休:月、第3火
by camille_31 | 2009-05-25 00:09 |  FRENCH
広尾 「ラ・プレシューズ」 で和栗のモンブラン
a0039199_15582594.jpg

「コート・ドール」でランチをいただいた後は、広尾の「ラ・プレシューズ」へ。
お目当てはもちろん、季節限定の「和栗のモンブラン」。

秋冬限定の「和栗のモンブラン」(520円)は、時期によって使用する栗も異なりますが、伺ったこのとき(10月)は兵庫県三田産の人丸栗。
その前の9月は宮崎県産日之影で、12月下旬からは、三田産でも人丸栗とは違う品種になるそうです。

マロンクリームは、栗と砂糖だけ。
栗の香りが劣らないよう、オーダーを受けてから作ってくださいます。
a0039199_15585453.jpg

なめらかなマロンクリームの下には、サックサクのメレンゲと、無糖生クリーム。
風味豊かなマロンクリームとほのかに甘いメレンゲと甘みのない生クリームのバランスが絶妙。
a0039199_1559989.jpg

今年の秋冬こそは、旬の栗を使った3種類のモンブランを食べ比べてみたいです。


「La Précieuse (ラ・プレシューズ)」
東京都港区南麻布5-2-37
TEL 03-5798-4845
10:00~19:00
定休日:月


#関連記事:アトレ恵比寿 「ラ・プレシューズ」 で和栗のモンブラン
by camille_31 | 2009-05-24 23:03 |  SWEETS
白金高輪 「コート・ドール」 でランチ
a0039199_13193148.jpg

お久しぶりです。
ちょっとお休みするつもりが・・・、かなり長いお休みになってしまいました。
もう止めてしまったと思われた方も多いでしょうね^^;
更新頻度は低くなりますが、これからも続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


昨年の10月という、かなり前のことになりますが、MAKIMIさん、GLOBEさん、友人Tちゃんとで、前々から気になっていた「コート・ドール」へランチに行きました。
オーナーシェフの斎須政雄氏は、1973年(23歳)~1985年(35歳)までの12年間、フランス料理界に身を置き、最後の4年間で、ベルナール・パコー氏とともにパリに「L'Ambroisie(ランブロワジー)」をオープン、最速スピードの2年で2つ星を獲得したことで有名です(ランブロワジーはその後3つ星を獲得しています)。
帰国後の1986年、「コート・ドール」の料理長に就任。1992年からはオーナー・シェフとして活躍されています。

お店はマンションの1階にあって、マンションの敷地内から入るのがちょっと不思議な感じ。
a0039199_13202194.jpg

晴れた日に、大きな窓から中庭を眺めながらいただくのが気持ちよさそうですが、私たちが通されたのは、照明の落とされた、落ち着いた雰囲気の奥のテーブルでした。

メニューはおまかせのランチコース(前菜+魚料理or肉料理+デザート/5,000円)とアラカルト。アラカルトは5,000円台が多かったように思います。
私たちはお得なランチコースをいただきました。

アミューズ
桜海老とグリュエールチーズのバケット
a0039199_13204358.jpg

香ばしい香りの桜海老が、カリカリに焼かれたバゲット、とろけたチーズの上にのせられています。
桜海老の香りが口に広がって、これはこれでおいしいのだけれど・・・、皆が絶賛されている「赤ピーマンのムース トマトのクーリ」を期待していたので・・・残念(涙)。
後から知ったのですが、「赤ピーマンのムース」は、春にしかいただけなくなったようです。

パン
a0039199_13211766.jpg

こちらのバゲットはジョアンだそう。

前菜
帆立と穴子のテリーヌ
a0039199_13213176.jpg

シェフのスペシャリテ。帆立のすり身の生地に穴子が綺麗に並べられています。
ふわっとして、やさしい口当たり。ボリュームたっぷりです。食べ進めるうちに、帆立よりも穴子の印象のほうが勝っていく感じ・・・。

メインには、MAKIMIさんとGLOBEさんはお肉料理をチョイス。
仔鴨のロースト
a0039199_13215428.jpg

お豆のソースは甘酸っぱく、鴨はジューシーだったそう。

Tちゃんと私はお魚料理を。
ヒメジのポワレ
a0039199_1322960.jpg

カリッと焼かれた皮と、ふっくらとした身。安心していただけるやさしいお味です。海老のソースもまろやか。

アヴァン・デセール
紅茶のシャーベット
a0039199_13223060.jpg

お皿は冷た~く冷やされているのに、シャーベットは冷たすぎず、程よい温度。食べやすく、とてもなめらかで、紅茶の味がよく感じられます。

デセール
マルキーズショコラ チョコのムース
a0039199_13224648.jpg

早くお茶が欲し~い!と思う濃厚さ。程よいビターさ加減がおいしい。

食後には、私はお紅茶を。
a0039199_13232966.jpg

a0039199_13234395.jpg

コース料理はとてもお手頃なのに、ワインが高くてビックリ!1万円以下のものは数種類しかありませんでした。
アラカルトもいいお値段なので、ランチコースが特別お手頃なのでしょうね。
私たちがいただいたのは、9,000円のラルール・ピオのペルナン・ヴェルジュレス・ブラン。
a0039199_132402.jpg

感動したり、取り立てて印象に残るようなお料理はありませんでしたが、老舗のレストランらしい、安心していただけるフレンチ、といった感じでした。
コース料理は量が控えめなので、もう1品くらい、アラカルトから2人1皿といった感じで追加するといいのかもしれません。
ちょっと不便な場所にあるので、再訪するかどうかはわかりませんが、安定したお料理に根強いファンがいらっしゃるのは頷けました。


「コート・ドール」
東京都港区三田5-2-18 三田ハウス1F
TEL 03-3455-5145
Lunch 12:00~14:00
Dinner 18:00~21:00
定休日:月
by camille_31 | 2009-05-06 21:05 |  FRENCH