<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
代官山 「ママタルト」
a0039199_1456243.jpg

「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」でおいしいランチをいただいた後は、近くの「MAMA TARTE(ママタルト)」 へ。
コース料理の最後にデザートをいただいても、お茶&ケーキが欠かせない私たちです(笑)。

最初「キルフェボン」に向かったのですが、待っている人が10組以上いらしたので、こちらのお店へ変更。
伺うのはすご~く久しぶりだったのですが、こちらも相変わらず人気のようで、3、4組待ちでした。
a0039199_1457538.jpg

オールウィンドウのテラスにはたくさんの草花が配され、まるでお花屋さんのようなカフェですが、私たちが通されたのは、2階のサンルームのような小部屋でした。
ちょっと隔離されたようなスペースで、ほったらかし状態だったので(笑)、お友だちのお家に遊びに来たような感じでのんびりできました。バレンタインデーが近かったので、みんなでチョコレートの交換をしたりして・・・。

MAKIMIさんのケーキ
二段チーズのパイ(ラズベリー・ブルーベリー入り/焼きチーズと生チーズのパイ)
 (630円)
a0039199_1458242.jpg

GLOBEさんのケーキ
種ヶ島の蜜いものパイ(生クリーム添え/種ヶ島産さとうきび使用) (735円)
a0039199_14583228.jpg

Tちゃんのケーキ
かぼちゃのパイ(生クリーム添え) (630円)
a0039199_14584834.jpg

私のケーキ
キャラメルバナナのパイ (630円)
a0039199_14592767.jpg

みんなのケーキも一口ずついただきましたが、どれもおいしかったです。
ポットティーは735円。差し湯もしてもらえます。
a0039199_14595019.jpg

ふと上を見上げるとネコちゃんが・・・。
a0039199_15077.jpg

a0039199_1501865.jpg

順番待ちをしている方がいらっしゃったはずなのですが、居心地が良くて、思わず長居してしまいました。


「MAMA TARTE DAIKANYAMA (ママタルト 代官山 )」
渋谷区恵比寿西2-15-9 代官山フラット
TEL 03-3770-0620
11:30~20:00(L.O.19:30)
木 11:30~18:00(L.O.17:30)
定休日:月(祝日の場合は翌日休)


#GLOBEさん:「MAMA TARTE(ママタルト)で2次会スイーツ@代官山」
by camille_31 | 2009-08-26 21:37 |  SWEETS
代官山 「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」 でランチ
a0039199_17143450.jpg

2月だというのに、コートがいらないほどの陽気となった日曜日に、MAKIMIさん、GLOBEさん、友人Tちゃんと一緒に伺ったのは、「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」
オーグー ドゥ ジュール グループのお店です。
ミシュランガイド東京で、2008年、2009年ともに一つ星を獲得。
星の数は参考にしていないのですが、2007年2月のオープン当初から気になっていて、私好みのお店なのでは・・・と思っていたのですが、その通りでした^^

「ル・ブルギニオン」で共に働かれたことのある下野昌平シェフと中村豪志支配人。
おふたりのコンビにはファンが多く、私も楽しみにしていたのですが、私たちが伺った翌3月末で、おふたりはグループから独立。
後を引き継がれた、高橋雄二郎シェフ(もと「ヌーヴェルエール」のスーシェフ)、糸澤 晃支配人(もと「メルヴェイユ」「ミノビ」の総括支配人)コンビも評判がいいようです。

窓が大きく取られ、白と青を基調とした店内は、明るく爽やかで、清潔感に溢れています。テーブルに置かれたビーズかかわいい。
a0039199_17163011.jpg

シェフが交代されてからメニューも少し変わったようですが、私たちが訪れたときのランチは、3,500円が2種類と、6,000円、12,000円の4種類のコース料理がありました。
a0039199_17164713.jpg

シャンパンをいただきながらいろいろ悩んだ挙げ句、前菜+お魚料理+お肉料理+デザートの3,500円のコースをいただくことに。
お魚料理以外はプリフィクスです。
(もうひとつの3,500円のコースは、食前のお飲物+前菜+お魚料理orお肉料理+デザートでした。)

パン
a0039199_1717361.jpg

お向かいの「Famille代官山」のバゲットだそう。

無塩バターと岩塩のバター。お皿がかわいいです。
a0039199_17171980.jpg

MAKIMIさんの前菜
長澤農園九条ネギと紅ズワイガニのスープサラダ
a0039199_1718421.jpg

GLOBEさんの前菜
寒ブリの冷たいタルタル仕立て
a0039199_17185934.jpg

Tちゃんの前菜
季節野菜のマリネ ウニ添え 新ワカメのジュレと一緒に
a0039199_17181717.jpg

私の前菜
アンコウのテリーヌのフリット
a0039199_17191888.jpg

悲しいことに、全く覚えていない・・・(汗)。

本日のお魚料理
イトヨリのポワレ
a0039199_17193646.jpg

イトヨリは、皮がパリッ、身はふっくら。
ホタテ、白子などを使った濃厚なソースがおいし~い。あっさりと淡泊なイトヨリによく合います。

MAKIMIさんのお肉料理
リードヴォーと季節野菜のフリカッセ
a0039199_17195031.jpg

Tちゃんのお肉料理
マダムビュルゴーのシャラン鴨もも肉のソテー 白と赤のソース
a0039199_1720625.jpg

白のソースは玉ねぎをピューレ状にしたもの、赤のソースはビーツ。
丸い白と赤のお野菜は、カブとビーツ。

GLOBEさんと私が選んだのは
イベリコベジョータのカルビ じゃが芋のソース
a0039199_17203920.jpg

つけあわせはホウレン草とゴボウ。
イベリコ豚の中で最も甘い脂を持ち備えているというカルビ。初めていただいたのですが、コクがありつつも決してしつこくはなく、やさしいお味のじゃがいものソースとよく合っていました。
a0039199_17205563.jpg

こちらはMAKIMIさんのデザートだったかしら。
カリンのブランマンジェ
a0039199_17211188.jpg

他の3人は、
リンゴのタルト 塩キャラメルのアイスを添えて
a0039199_23485473.jpg

かわいいお皿ですよね~。運ばれてきた途端、心の中で歓声。
店名が、「Le jeu (ル・ジュー)」=「遊び」、「 l’assiette(ラシエット)」=「皿」で、「皿の上で遊ぶ」という意味だそうですが、その名の通り、シェフの遊び心が感じられるお皿です。
a0039199_23491941.jpg

ふんわりとシナモンが香る熱々のリンゴのタルトに、冷たい塩キャラメルのアイス。
おいしくないはずがありません!
タルト生地はサクッと軽く、リンゴの甘さと塩キャラメルのほんのりとした塩味が絶妙のバランスでした。

食後の飲みものは、コーヒー、紅茶、ハーブティーなど14種類。
私が選んだのは、「季節のダージリン '08オータムナル ロヒニ茶園」。
a0039199_17231164.jpg

爽やかな店内と同様、お料理も爽やかでした。
特出するようなものはありませんでしたが、3,500円でこれだけのお料理がいただければ大満足。
サービスも居心地も良かったです。


現在、下野シェフは、新しいお店の出店準備中。10月下旬に広尾にオープンの予定だそうです。そして今度もまた中村豪志氏とご一緒されるそう。
どんなお店になるのか、どんなステキなお料理がいただけるのか、今から楽しみです。


「Le jeu de l’assiette (ル・ジュー・ドゥ・ラシエット)」
東京都渋谷区恵比寿西2-17-5 サンビレッジ代官山2F
TEL 03-6415-5100
Lunch 11:30~13:30(L.O.)
Dinner 18:00~21:00(L.O.)
定休日:月


#GLOBEさん
 「Le jeu de l’assiette(ル・ジュー・ドゥ・ラシエット)でランチ @恵比寿・代官山」
 その1 その2


#関連記事
 日本橋 「オーグー ドゥ ジュール メルヴェイユ」 でディナー (06/03)
 日本橋 「オーグー ドゥ ジュール メルヴェイユ」 でディナー No.2 (06/04)
 市ヶ谷 「オーグー ドゥ ジュール」 でディナー (06/12)
by camille_31 | 2009-08-19 23:37 |  FRENCH
港区愛宕山 「レストラン S」 でディナー
a0039199_211272.jpg

「Restaurant S」は、ご存知、ソムリエ田崎真也氏プロデュースのフレンチレストラン。
オープン当初かなり話題になったので、一度行ってみたいと思っていたのですが、一緒に行こうと言っていた友人と日程の調整がつかなかったり、なかなか予約が取れずにいるうちに、すっかりこのお店の存在を忘れてしまいました。
その後、その友人と何度も(何十回も?)食事をしているので、彼女も忘れてしまったに違いない(笑)。

その友人とは別の、久しぶりに会う友人に誘われて伺ったのは今年の2月。
住所は西新橋ですが、最寄駅は、虎ノ門もしくは御成門。かなりわかりづらい場所にあります。今度一人で行くことになったら迷いそう・・・。

夜のお料理は、プリフィクスの3,990円のコース料理のみ。
アミューズ+前菜+お魚料理+お肉料理+アヴァンデセール+デセール+飲みもの&プティフール。これで3,990円だなんて、 びっくり!ですよね。
アミューズとアヴァンデセール以外はプリフィクス。
前菜、お魚料理、お肉料理が6、7種類、デセールが3、4種類と、選択肢も豊富で嬉しいです。

ソムリエが厳選したという300種類のワインも全て3,990円。
なお、ホールスタッフのほとんどがソムリエ有資格者だそうです。

黒を基調とした店内は、か・な・り、照明が落としてありました。
低料金ゆえの客層のばらつきを目立たなくするためかな~なんて思ったりして・・・。
テーブルクロスやナプキンも黒でした。

メニューは撮影したのですが、お店で何もメモらなかったし、その後感想も記録しておかなかったので、詳細は記憶の彼方・・・。
なので、お料理名と写真だけごご紹介します。
どれも無難なお味だったのですが、お値段を考えると十分満足した覚えがあります。

アミューズ
じゃがいもと白身魚(だったかしら?)のリエット
a0039199_213437.jpg

パン
a0039199_2132231.jpg

2つめのパンは、ゴマの入った熱々のパンでした。

前菜は7種類からのチョイス。
ウズラの卵のポーチドエッグを入れたカブのムース カブの葉のスープと共に
a0039199_2133762.jpg

a0039199_2135274.jpg

お魚料理は6種類の中から。  
金目鯛の蒸し煮 白ワインの香りで
a0039199_214776.jpg

お肉料理は7種類から。
ホロホロ鳥のロースト リンゴの香りで
a0039199_2142729.jpg

かなり独創的な盛りつけですよね。

アヴァンデセール
a0039199_214484.jpg

えっと、まったく記憶にありません・・・(汗)。

デセール
a0039199_215331.jpg

食後の飲み物は、コーヒーor紅茶orハーブティー。
プティフール
a0039199_2154876.jpg

これといって「おいしい!」と感動したお料理はなかったのですが、3,990円でこれだけいただければ何の文句もありません。選択肢も豊富だし。
お店の雰囲気やサービスもまずまずで、また行ってみたいと思いました。


「Restaurant S」
東京都港区西新橋3-15-12 西新橋JKビル1階
TEL 03-5733-3212
Lunch 11:30~14:00(L.O.) 
Dinner 18:00~23:00(L.O.21:30)
Bar 21:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日
by camille_31 | 2009-08-14 22:52 |  FRENCH
武蔵小金井 「TERAKOYA」 でランチ
a0039199_15344683.jpg

今年の1月、小金井にあるフレンチレストラン「TERAKOYA」でランチをいただきました。
1954年にオープンした、日本庭園と洋館がご自慢のお店です。
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめるそうですが、私たちが訪れた1月末は、嵐のような雨が上がったばかりの寒い午後。残念ながら美しい景色は拝めませんでした。
a0039199_15352516.jpg

a0039199_15405110.jpg

「寺子屋」という店名は、レストラン経営とともにお料理を教えていたことから、「交流を通じて、教え、教わり、自らを磨く」という意味を込めてつけられたそう。
a0039199_15411360.jpg

a0039199_15415717.jpg

お料理は、ランチ、ディナーともに同じで、10,500円 15,750円 21,000円、31,500円の4種類。平日のお昼のみ、5,250円のコースもあります。
広いお庭があるとはいえ、場所を考えると、ランチとしてはかなり高額な料金設定ですよね。

私たちが伺ったのは週末、いただいたのは15,750円のコースでした。
ちなみに、約2ヶ月に一度、すべてのお料理が変わり、一度メニューに載ったお料理は、その後二度と登場することはないそうです。

メニューと写真だけのご紹介になりますが・・・。

北海道産帆立貝のマリネと赤ピーマンのムース ソース・ア・ラ・カンパーニュ
a0039199_15422152.jpg

ズワイ蟹と車海老のレクタングル、キャビアと蟹子のせ
フヌイユのムースと二種のソース添え

a0039199_1542356.jpg

a0039199_15424910.jpg

フレンチアルプスの天然水とリマーニュの小麦粉
地中海の海塩で作った自家製プチパン

a0039199_1543890.jpg

敷地内に小さなブティックがあり、自家製のパンや焼き菓子、ジャム、シェフ厳選の調味料などが販売されています。帰りにちょっと覗いてみました。

トリュフのクリームとロワイヤルの温かいポタージュ
a0039199_15432826.jpg

磯カサゴのポワレ、ラングスティーヌのリゾットに載せて
ソースに仕立てたブイヤベースとルイユ添え

a0039199_1543452.jpg

a0039199_15441392.jpg

特選牛フィレ肉のステーキとフォアグラのポワレ
季節の温野菜添え、香り高いマデラ酒のソース

a0039199_15443150.jpg

a0039199_1544487.jpg

デセールの前に、お店からのサービス。
a0039199_1545046.jpg

デセールヴァリエ
a0039199_1545201.jpg

a0039199_15453271.jpg

行くことになるまでこのお店のことを全く知らなかったので、事前にネットで調べたのですが、こちらでは、かなり評判がいいんです。でも私は、個人的に行くことはもうないかな、と・・・^^;


「フレンチレストラン TERAKOYA」
東京都小金井市前原町3-33-32
TEL 042-381-1101
Lunch 12:00~15:00
Dinner 17:30~22:30
定休日:月、第一火
by camille_31 | 2009-08-09 23:45 |  FRENCH