上海旅行記:3日目(11/14) 「麗晶軒」で広東料理
a0039199_1229795.jpg

お夕食は「ラマダ・プラザ・ホテル」内の広東料理レストラン「麗晶軒」で。
入口にはサメが泳いでいる水槽があり、店内は高級感が漂っています。ブルーの照明がちょっと不気味ですが(笑)。
a0039199_12291876.jpg

a0039199_12292237.jpg

メニューは中国語と英語が併記されていますが、フカヒレのお料理だけで10数品、燕の巣のお料理で10数品、牛肉のお料理で・・・と長々続き、何が何だか全くわかりません。
しばらくメニューと格闘。
時刻は既に21時を回っています。閉店は22時。お客さんは他に1組だけ。しかも間もなく帰りそうな気配。ちょっと離れたところからお店の人ににこやかに見つめられ、だんだん焦ってきます。
と、突然友人がバッグから何かを取り出し、店員さんを手招きして見せました。何だろうと覗き込むと、それは「困ったときの中国語」といった感じの小冊子。そこには「おすすめのお料理は何ですか?」と書かれていました。う~ん、この手があったのか。

店員さんは笑いながらもう一人を呼んで、ふたりがかりでメニューを選んでくれました。
とにかく慌てていたので、メニューを覚えることはもちろん、確認することすらしませんでした。すべてお任せです(笑)。
ついでに、食べるのも慌てていただきました(苦笑)。

ブロッコリーのフカヒレあんかけ。
a0039199_12293718.jpg

白身のお魚。何のお魚??
a0039199_12294779.jpg

かなりの大きさ! 骨もあって食べるのに手こずっていたら、「手伝いましょうか?」と笑いながら身をほぐしてくれました。私たちはお子ちゃま?(笑)

牛肉。
とてもやわらかかったです。葱、ピーマン、パプリカの彩りも鮮やか。
a0039199_1230240.jpg

ここまではすべて美味しかったです。慌てながらも、やっぱり広東料理は落ち着くわ~と思いながらいただきました。

燕の巣入りココナッツミルク。
a0039199_12301215.jpg

こちらはひとり1個ずつ注文。
冷たいものを想像していたら、温かくてびっくりしました。
燕の巣が食べたいと言ったらこちらをすすめてくれたのですが、80元(約1,120円)と燕の巣のお料理の中で1番安かったこの品は、あまり美味しくありませんでした。
やっぱり、奮発して燕の巣&蟹のお料理にすれば良かったと反省。




実は、最初、「外灘3号」のレストランで綺麗な夜景を見ながらお食事をしようと思ったのですが、予約を入れていなかったので、すべてのお店で断られてしまいました。バーだけなら予約なしでもOKなのですが、既に20:30を過ぎてお腹が空いていた私たち。
さんざん悩んだ挙げ句、滞在先のホテルに戻って、コンシェルジュの助けを求めることに。

ところがこのコンシェルジュ、今までデスクに座っている姿を見たことがありません。
仕方なく椅子に座ってコンシェルジュが来るのを待ちながら、ガイドブックでお店を探していると、かなりの時間がたった後、背後から「May I help you?」の声が。
「Yes!」と嬉しそうに声を合わせた私たち。でも喜んだのはその一瞬だけでした。

デスクを回って席に着いた彼は、私たちのほうを見ようともせず、体を斜めに足を組み、あらぬ方向を見つめています。
名前が確認できなかったのですが、容姿がそっくりだったので、私たちは彼のことをイ・ビョンホンと呼ぶことにしました(笑)。
以降、彼との会話。

私「私たち、まだ夕食を食べていないんです。」
イ 「で?」
私「どこがいいかと思って・・・。」
イ 「・・・・・・」
私「えっと・・・、この近くでお薦めのお店はありますか?」
イ 「・・・・・・」
(た、助けてくれないの?)
(この間もずっと斜めに構えたままで、決して私たちを見ようとしないイ・ビョンホン。)
私「えっと、そんなに重くないもので・・・。」
イ (突然大声で)「はあ?」 (そ、そんな大きな声出さなくても・・・。汗。)
(何料理か言わなきゃダメなのね、と判断した私たち。急いで相談した結果、)
私たち「広東料理。」
イ (いきなり超早口で)「広東料理なら『ラマダ・ホテル』に美味しい広東料理のお店があるよ。ここからすぐ。その道を行って右。」
(あの~、わかりました。おっしゃっていることすべて理解できました。でも何もそんなに早口でまくし立てなくても・・・。い、嫌がらせ?)
友人「今からでも大丈夫ですか?」
イ 「10時まで!」

もう時間も遅かったので、お礼を言い、素直におすすめのお店に向かうことに。
う~ん、こんなコンシェルジュっているんですかねぇ? 笑顔を見せるどころか、最初から最後まで私たちのほうを見ようともしないイ。いくら私たちの英語力が不足しているからといって、コンシェルジュにこんな扱いを受けたのは初めてです。
きっと彼は、「May I help you?」と声を掛けたら私たちが逃げ出してくれることを望んでいたのでしょう。
このホテル、他は全て5つ星だと思いましたが、彼だけはダメです(笑)。


「麗晶軒」
南京東路719号
ラマダ・プラザ上海2F
by camille_31 | 2005-12-01 23:00 |  上海とグルメ
<< 上海旅行記:4日目(11/15... 上海旅行記:3日目(11/14... >>