恵比寿 「パルテノペ」 で真のナポリピッツァ
a0039199_189193.jpg

日清製粉の直営店 「ピッツェリア パルテノペ」。世界に180店舗ほどしかない「真のナポリピッツァ協会」認定のお店で、ピッツァの美味しさが評判のお店です。
「パルテノペ」とは、ギリシア神話に由来するナポリの古い名前だそう。
ナポリピッツァの他、グリル料理をはじめとした南イタリアのお料理がいただけます。
ランチに伺いました。
a0039199_1892921.jpg

私たちが通されたのは、オープンキッチンを囲んだテーブル空間の先の奥の部屋。
その中でも一番奥の席。遅めの時間だったので、奥の部屋はかなり空いていました。
a0039199_1893863.jpg

a0039199_1894653.jpg

ランチのメニューは「ピッツァランチ」と「パスタランチ」。ともに、前菜+フォカッチャとドリンクつきで1,260円。他にもメニューがあったと思うのですが、よく見ませんでした・・・。
ピッツァとパスタはそれぞれ日替わりで、3種類からのチョイスとなっています。
私たちは「ピッツァランチ」と「パスタランチ」をひとつずつ、「マルゲリータ」と「自家製ソーセージとブロッコリー」を選んでシェアすることにしました。

前菜・フォカッチャ
a0039199_1895823.jpg

ピッツァ:マルゲリータ
a0039199_1810557.jpg

マルゲリータは、ナポリピッツァの代表格。モッツァレラチーズ、トマト、バジルのトッピング3色がイタリアの国旗の色を示す、最も基本的なピッツァ。
シンプルなだけに、味がダイレクトに評価されるピッツァです。
生地はふっくらもちもち。額縁は、内側にたくさんの気泡を含んでいて、デコボコしています。ピッツァの主役は生地なんだわぁ~と思わされる、そんな生地です。
チーズもなめらかで美味し~い。

パスタ:自家製ソーセージとブロッコリー
a0039199_1810139.jpg

こちらは・・・でした。
やはりこのお店はピッツァがおすすめ。二人以上で違う種類をたのんでシェアするのがいいと思います。

ちなみに、こちらによると、「真のナポリピッツァ協会」が定める条件は次の通りだそうです。
1.生地に使用する材料は、小麦粉、酵母、塩、水の4つのみ。
2.生地は手だけを使って延ばす。
3.窯の床面にて直焼きする。
4.窯の燃料は薪もしくは木くずとする。
5.仕上がりはふっくらとして、「額縁」がある。
6.上にのせる材料にもこだわる。

協会が認定した日本国内のお店は10数店舗。
私はナポリに行ったことがなく、ピザにも全く詳しくはないので、「真のナポリピッツァ」というものがどういうものかわからないのですが(笑)、美味しかったことは間違いありません。
「マルゲリータ」の他、店名と同じ「パルテノペ」が美味しいそうです。水牛のモッツアレラとフレッシュのチェリートマトで焼いた特製ピッツァだそう。マルゲリータの豪華版?

ご興味がある方は、こちらもどうぞ。熱~く語られています。
なお、ピッツェリアは広尾店もあり、協会から与えられた世界共通の加盟店番号は、広尾店が165、恵比寿店が166だそうです。
a0039199_18102392.jpg


ピッツェリア 「パルテノペ」 恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比寿幸和ビル1F
TEL 03-5791-5663
Lunch 11:30~14:30(L.O.14:00)(土日祝12:00~15:00(L.O.14:30))
Dinner 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:12月31日、1月1日
by camille_31 | 2006-01-22 21:27 |  ITALIAN
<< 「赤トンボ」 の一口サンドイッチ 京橋千疋屋 カジュアルフレンチ... >>