ポルトガル紀行 2006
a0039199_19394898.jpg

8/21~28の8日間で、ポルトガルへ行ってきました。
初めてのポルトガル、見どころもたくさんあるので(日本の1/4の国土に、現在登録されている世界遺産は、日本と同じ13箇所)、効率的に回れるように、久し振りにツアーに参加しました。
ツアー参加者は全14名。皆旅慣れた人ばかり。ツアーによる制約はありましたが、人にも天候にも恵まれ、想像していた通り素敵な国に、感動の日々でした。

この旅行中、撮影した写真は460枚。それでもメモリーが足りなくなって、かなり削除しました(涙)。
上の写真は、最後に訪れた首都リスボンの街並み。
これから少しずつ旅行記をUPしていこうと思いますが、取り敢えず簡単に日程をご紹介します。

【1日目】
11:40 成田発、ANA便にてロンドンへ(フライト時間11時間40分)
15:20 ロンドン着
21:50 ロンドン発、TAPポルトガル航空にてポルトへ(2時間5分)
  (19:20発の予定が、機材メンテナンスのため2時間半の遅延(涙))
23:55 ポルト着(日本との時差-8時間(夏時間実施中))
<ポルト泊 >

【2日目】
午前:ブラガとギマランエス観光
 ブラガ:カテドラル、サンタ・バルバラ庭園
 ブラガ郊外:カトリックの巡礼地 ボン・ジェズス教会
 ギマランエス:初代ポルトガル王生誕の地、〔世界遺産〕ギマランエス歴史地区
   ブラガンサ公爵館、ギマランエス城(カステロ)
午後:ポルト市内観光
 〔世界遺産〕ポルト歴史地区
 サン・フランシスコ教会、エンリケ航海王子の像、ポートワインのワイナリー
<ポルト泊 >

【3日目】
午前:アヴェイロ
 青色のアズレージョ(装飾タイル)が美しい駅舎と町の散策
午後:コインブラ
 コインブラ大学、旧カテドラル、町の散策
<コインブラ近郊、ブサコ国立公園宮殿ホテル泊>

【4日目】
世界遺産の名所を巡る一日
 ファティマ:カトリックの聖地 バジリカ
 バターリャ:〔世界遺産〕バターリャ修道院(勝利のサンタ・マリア修道院)
 アルコバサ:〔世界遺産〕サンタ・マリア修道院
夕刻:ナザレへ
 町を一望するシティオ地区の展望台、
 ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会、メモリア礼拝堂
<ナザレ泊>

【5日目】
午前:オビドスとマフラ
 オビドス:城壁に囲まれた町の散策
 マフラ:マフラ修道院・王宮
午後:シントラ
 〔世界遺産〕シントラの文化的景観、王宮
 ヨーロッパ大陸最西端の「ロカ岬」
夕刻:リスボンへ
夜:ファドと民族舞踊のディナーショー
<リスボン泊>

【6日目】
午前:リスボン市内観光
 エドゥアルド7世記念公園、モラエスの生家、
 〔世界遺産〕ジェロニモス修道院とベレンの塔、発見のモニュメント
午後:フリータイム
 サンタ・ジェスタのエレベーター、泥棒市、サン・ジョルジェ城 など
<リスボン泊>

【7日目】
午前:フリータイム
14:30 リスボン発、TAPポルトガル航空にてフランクフルトへ(2時間50分)
18:20 フランクフルト着(ポルトガルとの時差+1時間)
20:55 フランクフルト発、ANA便にて成田へ(11時間20分)

【8日目】
15:15 成田着
by camille_31 | 2006-08-29 21:19 |  ポルトガルとグルメ
<< ポルトガル紀行:1日目(8/2... 都立大学 「ちもと」の 八雲もち >>