ポルトガル紀行:1日目(8/21) 初めてのポルトガルへ
a0039199_23292393.jpg

日本からポルトガルへの直行便はありません。ヨーロッパで乗り継ぎになりますが、今回はロンドン経由にて。
ロンドンには何の用もないのですが、ロンドン経由のため、若干、機内持ち込みの制限を受けました。液体類(クリーム、ジェル、歯磨き粉、香水、エアゾール製品なども含む)の持ち込みが一切禁止の他、手荷物は45cm×35cm×16cm以内のもの1個のみ。これには通常別扱いとなる女性用ハンドバッグも含まれます。
それでも、ロンドン旅客機爆破テロ計画発覚後、全面的に持ち込みが禁止となった5日間に比べれば天国のようで・・・。

新しくなった成田空港第1ターミナル、南ウィングをちょっと探検してから、
11:40 成田発、ANA便にてロンドンへ。
フライト時間は11時間40分。2回のお食事とサンドイッチorおにぎりの軽食が出ます。

ファーストサービス
前菜 :サーモンのマリネ・いかのマリネ・ナポリ風パスタのサラダ
メイン:さわら西京焼きとごはん
a0039199_2215497.jpg

もう一つのメインは、「ビーフとなすのカレー ライス添え」。何で「カレーライス」じゃないの??
ANAでは、最近紙のメニューがなく、直前にメインの写真を見せられてチョイスしていたのですが、今回はその写真すらありませんでした(メニュー名はANAのHPより)。

セカンドサービス
若鶏のクリーミーチーズソース
a0039199_22391559.jpg

実は、以上すべて、5月にパリに行ったときの往路便と、まるっきり同じメニューです。ビックリ!! あ~ん、ビジネスクラスを利用できる身分になりたい・・・。
ちなみに私のビジネスクラス経験は、往復格安航空券で行ったシカゴからの帰り、オーバーブッキングでアップグレードとなった一回だけです。
あ、あと、シートだけファーストクラス、という経験もあります(笑)。これは、エコノミークラス設定のみの飛行機で、機長が知り合いのパイロットだったときに、融通してくださいました。コックピットにも入れていただいたことがあるのですが、これはもう無理でしょうね~。

ちょっと驚いたのは、9.11のテロ以来、ナイフがステンレスからプラスチックに変わりましたが、今回、フォークもプラスチックになっていました!(上の写真に写っていますが、わかりますでしょうか?)
こんな措置をとらなくてはならないなんて、悲しいですね。しかも使いづらい・・・。

なお、私の席はバルクヘッド(仕切り/スクリーンのある壁)の後ろだったので、前の席がなく、モニターはこんな感じ。
a0039199_22223365.jpg

15:20 ロンドン着。
乗り継ぎのため、到着してすぐに手荷物の再チェック。ここで、液体類として、リップグロスやリップクリームも没収されていました。キャスターつきのバッグは小さくても×。
全員靴を脱ぎ、ベルトを外し、念入りなボディチェックを受けました。
(キャスターつきバッグを持った添乗員さんが、一度イギリスへ入国→出国という手続を取らされることになり、置き去りにされて心細い思いをしている日本人ツアー客の方々がいらっしゃいました。)

予定より35分も早く着いたのですが、どちらかと言えば遅れてくれたほうがありがたかったわけで・・・。
前にも書いた通り、ロンドン19:20発の予定が、ポルトガル航空機材メンテナンスのため、2時間半もの遅延。ヒースロー空港で6時間半も過ごすことに・・・。ポルトガルはもうすぐそこなのに・・・。

21:50 ようやくロンドン発。
国営の航空会社、TAPポルトガル航空にて、ポルトガル第二の都市、ポルトへ。
フライト時間は2時間5分。
出てきたお食事。
a0039199_22225996.jpg

ホットサンドの中身はよくわかりませんでした(苦笑)。牛でも豚でも鶏でも、もちろん羊でもなく・・・。ターキー?
パンも、正体不明のお肉もかなりかなり不味くて、ちょっとしか食べられませんでした。
左上のものは「フルーツサラダ」と書いてありましたが、どう考えてもただのカットフルーツ、もしくはフルーツポンチです(笑)。

23:55 ポルト着。日本との時差は-8時間(夏時間実施中)。
成田出発からポルト到着まで、20時間以上。自宅を出てから丸1日以上。ポルトガルは遠かった・・・。

翌22日、1:00過ぎにようやくホテルにチェックイン。
こんな時間なのに、しっかりお部屋の写真を撮って(笑)、シャワーを浴びて2時過ぎに就寝。このときは、翌日に更なるアクシデントが待っているとは知る由もなく・・・。
by camille_31 | 2006-09-02 23:31 |  ポルトガルとグルメ
<< ポルトガル紀行:2日目(8/2... ポルトガル紀行 2006 >>