ポルトガル紀行:2日目(8/22) アクシデント発生!
a0039199_2344126.jpg

ほとんど眠れていなくても、前日の疲れが全く取れていなくても、いよいよ今日から観光。わくわくしながら、最初の観光地、ブラガへ向けて、朝9時にホテルを出発。

高速道路を順調に走行中、9:30頃、突然バスに衝撃が!!
思わず上がる悲鳴。

何と、右側から高速道路に合流してきた車がバスに激突したのです。
2台連なって走っていた車のうち、前の車が私たちのバスの前に合流すると、後ろを走っていた車は、高速道路に合流するというのに、前の車しか見ておらず、そのまま本線を走っていたバスに突っ込んだのです。
考えられな~い!
でもポルトガルではよくある事故とか。

激突したのは、バスの後輪後ろ部分。ちょうど私が座っているところでした。
右から差し込む強い日差しを避けるため、右側の席の人は皆カーテンを引いていたので、初め何が起こったのかわからず、タイヤがパンクしたのかと・・・。
目撃したのは、カーテンを引いていなかった一番後ろの席に座っていた人のみ。
突っ込んだ車は、スピードを落とすことなくそのまま本線に突っ込んできたそうです。

バスのドライバーさんは、バスを止めると即外に出て被害を確認し、後ろの車へ向かったのですが、事故を起こした当の本人は自分の車から離れようとしませんでした。
悲鳴は上がったものの、誰にも被害がなかった私たち。高速道路のため車外に出られないので、後ろの窓からじ~っと様子を観察。

すぐに高速道路の事故処理車(っていうんでしょうか?)が到着。
わかりづらいですが、紺色の車が激突した車で、その後ろが事故処理車。
a0039199_23444382.jpg

左手前に写っている人は、前を走っていた車のドライバーです。
黄色のベストは、ポルトガルで車に搭載を義務づけられているもの。
右側が事故処理車の人。遠くに写る、赤い帽子を被っている人が激突したドライバー。

パトカーが到着したのはかなりたってから。
ポルトガルのパトカーのライトは青なんですね。
a0039199_2345836.jpg

やがてレッカー車も到着。
a0039199_23453288.jpg

事故を起こした車には、ドライバーの他、奥さん(左端)とお子さんが乗っていましたが、誰にも怪我がなかったのは不幸中の幸い。
その後、お子さんは前の車に移って、先に目的地へと向かっていきました。

私たちのバスの被害はこの程度。もちろん後で写したものです。
a0039199_23454765.jpg

a0039199_2346865.jpg

バスの走行には影響がないので、45分後、警察の聴取を終えて、走行開始。
昨日といい、今日といい、まだ何の観光もしていないのに・・・(涙)。
先が思いやられる~と思ったアクシデントでした。
ちなみに、最終日までこの可哀想なバス&ドライバーさんにお世話になりました。
by camille_31 | 2006-09-04 23:47 |  ポルトガルとグルメ
<< ポルトガル紀行:2日目(8/2... ポルトガル紀行:1日目(8/2... >>