恵比寿 「ダル・マット」 でセミオーダーイタリアン (1)
a0039199_20551653.jpg

ポルトガル旅行記の途中ですが、ひさしぶりに「おいしいもの」の話題を。
ちょうど3週間前、コーチングのお仕事で活躍されているMikiさんと、友人のxizeさんとお食事をしました。Mikiさんとお会いしたのはこのとき以来、7ヶ月振り。

一昨年、西麻布にオープンしたイタリアンレストラン「DAL-MATTO(ダル・マット)」は、
「東京一、予約の取れないレストラン」だそうですが、私たちは、今年4月25日にオープンした、恵比寿のお店のほうに行きました。
お店は、閑静な住宅街にあるビルの1階と地下1階で、地図を頼りに歩いても、見過ごしてしまう程のひっそりとした佇まい。入口ドアの脇に小さな看板があるだけです。

実は、このお店にはメニューがありません。その日に入荷した食材からお料理を決めるそうです。私たちは、最初に苦手な食材を伝えるだけ。お値段は5,000円前後。
こんなセミオーダー的なレストラン、イタリアンでは初めて!

食事のスタイルも変わっていて、地下でお食事をいただき、会計を済ませた後、1階のラウンジに上がって、デザートと飲み物をいただきます。
珍し~い、と思ったのですが、お食事が終わったらラウンジに移動するので、すぐに次のお客さんをご案内できるわけです。とても効率的。
この日も全て予約のお客さんだったのですが、ラウンジに上がられた後には、すぐに次のお食事の方が座られ、常に満席状態でした。

お食事をいただく地下1階は、カウンターとテーブルで16席と4席の個室ひとつのみ。
カウンターは固定されていないので、テーブルとして使用することもできます。
地下といっても、まるっきり仕切りのないオープンキッチンに、階段部分の吹き抜けと大きな窓で、開放的な空間となっています。

満席だったので席の様子は撮れなかったのですが、キッチンの中には5人のスタッフ。
a0039199_20554787.jpg

1階への階段はこんな感じ。
a0039199_2056620.jpg

お料理名は正式なものではありません。
詳しくご説明してくださったのですが、今までにいただいたことがないどころか、聞いたこともないお野菜があまりにもたくさんあって・・・、覚えることすらできませんでした。
記憶も定かではないので(汗)、詳しい説明は省かせていただきますね。

口取り
a0039199_14565811.jpg

茹でると香り高く、枝豆の王様とも言われる茶豆と、とうもろこし。
a0039199_14571549.jpg

a0039199_14572270.jpg

この段階で、素材ひとつひとつの味がとてもしっかりしていることがわかって、次からのお料理への期待度が大に。
メニューがなく、次に何が出てくるのかわからないのもわくわくします。

福島県産桃の冷製パスタ
a0039199_21176.jpg

一度桃のパスタを食べてみたかったので、感激! ジューシーな桃とカッペリーニの組み合わせって、合うんですね~。上に載っているのはミント。
a0039199_2101443.jpg

パスタはあっさりとしたトマトソースでほんのりと味付けられています。細かく刻まれたトマトも甘~い。
a0039199_2104269.jpg

手作りフォカッチャ
a0039199_2124538.jpg

a0039199_21241121.jpg

2種類目のフォカッチャ、運ばれてきた途端に手を出したのは・・・?(笑)
こちらの胡麻が入っているもののほうが美味しかったです。

3種類のオリーブオイルでいただきます。
手前から、シチリア中部産・シチリア南部産・サルディーニア産。
奥になるに従い、青味・酸味が強くなります。オリーブオイルの食べ比べも楽しい。
a0039199_2132786.jpg

静岡産葉物野菜と宮崎のイサキのサラダ
a0039199_1504020.jpg

ハコベラ、食用のカーネーション・・・。
全部説明してくださったのですが、ぜ~んぜん、覚えられませんでした~(涙)。
でも、素材にこだわりと自信を持っていらっしゃることはよ~く伝わってきました。


長くなってしまったので、次にいただいたテリーヌから、次の記事にさせていただきますね。


「恵比寿 DAL-MATTO」
東京都渋谷区恵比寿西2-7-8 Sリトリート1F・B1F
TEL 03-3780-9955
17:30~25:00(L.O.23:30)
定休日:月
by camille_31 | 2006-09-28 00:46 |  ITALIAN
<< 恵比寿 「ダル・マット」 でセ... ポルトガル紀行:ル・メリディア... >>