ポルトガル紀行:3日目(8/23) コインブラ
a0039199_20372646.jpg

** 空の色がちょっと不気味・・・ですが、修正は一切加えておりません。**


コインブラ大学を見学した後は、丘の下まで歩いて下りました。

坂の途中にある
旧カテドラル
a0039199_20374960.jpg

初代ポルトガル国王アフォンソ・エンリケスによって1140~1175年に建造されたロマネスク様式の教会。要塞も兼ねていたそうです。
a0039199_2038133.jpg

a0039199_2038849.jpg

旧カテドラルのあたりは、細い坂道が入り組んでいて、情緒たっぷり。
a0039199_20382493.jpg

a0039199_20383531.jpg

ヒールの高い靴や細い靴では絶対に歩けない石畳の坂。
a0039199_20384618.jpg

下の写真の左下のあたりから細い階段になっているのですが、その両側には、コインブラの陶器などを扱う小さいおみやげ屋さんが並んでいました。
a0039199_2039092.jpg

中世の城門をくぐりながら更に下って行くと、
a0039199_20391639.jpg

a0039199_20392834.jpg

アルメディーナ門
a0039199_20401658.jpg

に到着。この門をくぐるとメインストリートに出ます。
メインストリートは遊歩道。銀行やブティックなどが並んでいます。
a0039199_20403334.jpg

ここからは自由にコインブラの街を散策しました。

私はアルメディーナ門から再び階段を上ってかわいらしいお店をいくつか覗いた後、メインストリートの端にある5月8日広場へ。このあたりは商業の中心地。噴水のある広場に面して、修道院と市庁舎が建っています。
サンタ・クルス修道院
a0039199_20405478.jpg

1131年にアフォンソ・エンリケスによって建てられた修道院ですが、16世紀にエマヌエル1世が大規模な改築を行い、更に18世紀にも改修が行われたそうです。
アフォンソ初代国王とその息子である次代国王サンショ1世の棺が納められています。

隣が市庁舎。
a0039199_2044128.jpg

この背後には、郵便局や警察署があります。

コインブラにもたくさんの教会や修道院がありますが、私はこんな小さな教会も好き。
a0039199_20454715.jpg

街を散策しているときに一組の日本人ご夫婦とすれ違ったのですが、このポルトガル滞在中、日本人を見かけたのはこの一度だけでした。
by camille_31 | 2006-10-14 23:06 |  ポルトガルとグルメ
<< ブログ開設一周年記念 プレゼント企画 ポルトガル紀行:3日目(8/2... >>