ポルトガル紀行:3日目(8/23) ブサコ国立公園 パレス・ホテル・ブサコ(2)
a0039199_2174735.jpg

TOPの写真の下部にある外廊下が、(1)の最後から3枚目、4枚目の写真の廊下です。
階段を上ったすぐ右手にホテルの入口があります。
a0039199_21887.jpg

上の写真を撮って、振り向いた写真がこちら。
a0039199_2183131.jpg

a0039199_2184894.jpg

そして(1)でホテルから見下ろした美しい庭園へ。
私たちが到着したときにはたくさんの人が出ていたのですが、夕暮れが近づいて、人影はまばらに。
a0039199_219649.jpg

池には白鳥がいます。このときは池から出ていますけど・・・。
HPの写真は、このコがメインです(もちろん違う白鳥でしょうけど。笑)。
a0039199_219232.jpg

とにかく美しくて、何枚でも写真を撮りたくなります。
a0039199_2193996.jpg

載せすぎ?(笑)
何枚撮っても、何故か皆同じ角度に斜めになっていますね(汗)。
a0039199_2195681.jpg

このお庭は、翌朝出発前にも散歩し、また同じように写真を撮りました(笑)。
a0039199_21101655.jpg

a0039199_21103145.jpg


ここは古くから修道僧たちが修行を行う神聖な土地。1622年にはローマ法王によって女人禁制と定められました。更に1643年、森林の植物に危害を加えたり、司教の許可なしに草木を切断することが禁止されました。
このように、人里離れた修道院の土地であったために、俗世間からほぼ完全に閉ざされ、自然が保たれたとのこと。
その後、19世紀に王室の管理下に置かれるようになり、王家の人々がこの森で狩猟を楽しんだそうです。
ブサコ国立公園の広大な森には、楓、樫、糸杉など、400種類もの木が茂っているそう。

ホテルに到着したときに、「ブサコ国立公園ウォーキングコース」の地図をもらいました。
ホテルは国立公園のほぼ中央に建っているのですが、ホテルを挟んでまるっきり反対の方向へ、1時間45分コースと1時間40分コース。両方のコースを歩いても、森林公園のほんの一部にしかすぎません。
お夕食までたっぷりあると思っていた時間も、気がついたらそれ程でもなくなっているし、人影もなく、ちゃんとした標識があるわけではないので、一人で迷子になったら嫌だな~と思い(笑)、あまりホテルからは離れない程度に散策しました。
a0039199_2111016.jpg

木漏れ日が気持ちい~い。
a0039199_2111173.jpg

ウォーキングコースには20を超す小さな礼拝堂が点在し、壮大なパノラマが楽しめる幾つかの展望台もあるのですが、いただいた地図も頼りにならないので、とにかくホテルの近辺のみお散歩。
a0039199_21113861.jpg

夕方到着し、翌朝には出発というあまりにも短い滞在。是非また訪れて、今度は心行くまで国立公園とホテルを満喫してみたいと思いました。


ホテルはもちろん5つ星。お部屋は様々なタイプがあるようですが、私たちが宿泊したのはこぢんまりとしたお部屋でした。
ゴージャスなスイート、見てみたかったです。
a0039199_21115558.jpg
a0039199_2112781.jpg

by camille_31 | 2006-11-11 22:51 |  ポルトガルとグルメ
<< ポルトガル紀行:3日目(8/2... ポルトガル紀行:3日目(8/2... >>