いただきもの その1
a0039199_18870.jpg

最近いただいた「おいしいもの」をまとめてご紹介させていただきます。
まずは2月分から。

このときsucre_selさんからいただいた、代々木上原の「ブーランジュリー プーヴー」のクッキーと「アンリ・ルルー」の塩バターキャラメルC.B.S.。
a0039199_191134.jpg

チョコクッキーは、サクサクとして、ちょぴりカカオのほろ苦さが感じられる大人味。大きい方の丸いクッキーは、裏側に大粒の塩が埋まっています。この塩がまたまろやかで美味しい。甘さとしょっぱさのバランスがステキ。

そして、世界で唯一キャラメリエ(キャラメル職人)の称号を持つ「アンリ・ルルー」が生み出した、塩バターキャラメルC.B.S.(Caramel au Beurre Sale)。
このときgetされた貴重なものをお裾分けしてくださいました。一度食べてみたかったので、感激! sucre_selさん、ありがとうございます。
フランス・ブルターニュ地方の有塩バターを使った、とろけるようにやわらかいキャラメルは手作り。キャラメルの甘さとほのかな塩加減が絶妙!クセになる味です。


こちらもずーーーっと食べたいと思っていた、「クラブハリエ」のバームクーヘン
a0039199_21545447.jpg

熟練した職人さんが、一層一層、昔ながらの製法で丹念に焼き上げた手づくりのバームクーヘン。
a0039199_194476.jpg

もうこの芸術的な層の美しさ、感動ものです。
a0039199_195686.jpg

こちらによると、「クラブハリエのバームクーヘンを焼き上げる技を身につけるには熟練した菓子職人でも3年から5年の歳月が必要」なのだそう。
とてもしっとりとしていて、ふわっとなめらか。パサパサバームクーヘンにはあまり魅力を感じない私ですが、こちらはいくらでも食べられそうな美味しさ!


バレンタインデーに友人からいただいた、京都「菓子職人」抹茶トリュフ
a0039199_1101327.jpg

こちらは毎年11月~3月までの冬期限定商品。
京都の老舗「一保堂」の碾きたての抹茶を使用し、純生クリームとスイスのカルマ社製高級ホワイトチョコを使用しているそう。ガナッシュももちろん抹茶で、抹茶の味がかなり濃厚。口に含んだ途端、口いっぱいに香りとコクが広がります。口溶けもすばらしい。
お抹茶好きにはオススメです。


こちらもバレンタインデーにいただいた、「WITTAMER」のショコラ。
a0039199_1102777.jpg

「ヴィタメール」のショコラは、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」「ジャン=ポール・エヴァン」の次くらいに好き。
ガナッシュやジャンドゥーヤがとてもなめらかで、上品な舌触り。
ミルクチョコレート好きの私のために、「WITTAMER」以外はすべてミルクチョコ。幸せ~。


同じくバレンタインデーにいただいた、「DEMEL」のチョコバンブー。
a0039199_1104921.jpg

a0039199_1105960.jpg

竹をモチーフにしたクッキータイプチョコ。1本1本手作りで、ヘーゼルナッツの入ったクッキー生地をスイートチョコレートでコーティングしてあります。
やわらかめのクッキーとなめらかなチョコの食感や分量のバランスが絶妙。レモンとシナモンの風味がアクセントになっています。
by camille_31 | 2007-04-06 01:32 |  SWEETS
<< いただきもの その2 南青山 「レ・クレアシヨン・ド... >>