白山 「ヴォーロ・コズィ」 でランチ
a0039199_22533482.jpg

繊細で上質なお料理、しかもリーズナブルと大評判のイタリアンレストラン「Volo Cosi (ヴォーロ・コズィ)」。行かれたブロガーさんもみなさん高く評価されているので、ずっと前から行きたいお店のリストに入っていました。
土砂降りの中、久し振りにお会いした美紀さんと友人のberryちゃんと伺いました。

お店は千石駅から5分程。千石駅で降りたのは初めてです。
a0039199_22543085.jpg

店内は、ベルエポック調というのでしょうか。オープンから1年経っていますが、経費節減のため、以前フレンチレストランだったところをそのまま改装せずに使っているそうです。
コストパフォーマンスの良さはこういうところからもきているんですね。
イタリアンレストランといった感じではありませんが、落ち着いた雰囲気です。
a0039199_22552445.jpg

a0039199_22555381.jpg

食前酒とストゥツキーノ(つきだし)をいただきながら、ゆっくりとメニューを決めます。
a0039199_22561459.jpg

薫製生ハムと一口サイズのピザ、赤ピーマンのマリネ。そしてチーズ味の自家製グリッシーニ。
薫製の生ハム「スペック」が、とっても美味しくて感動! 私は生ハムの塩辛さがちょっと苦手なのですが、これは全然塩辛くなくて、とても軽くて、いくらでも食べられそう。
a0039199_22562559.jpg

ランチのメニューは、2,500円と3,800円の2種類(ディナーは6,500円、8,500円)。
私たちは、前菜+パスタ+メイン(お魚料理orお肉料理)+デザート+コーヒーの3,800円のほうをいただくことにしました。

小前菜
a0039199_22564068.jpg

トマトと野菜の冷製スープ。
すご~く小さいカップ。小さいスプーンが添えられてくるのですが、スプーンがなければ、ホントに一口で飲めちゃう(笑)。
中には、細かく刻まれた人参とキュウリとカブ(?)がたくさん入っています。もっと大きなカップで飲みた~い。

パン
a0039199_22565722.jpg

塩分抑えめの(全く入っていない?)、本場イタリアらしいパン。
イタリアでは、食事全体の塩分が強めなので、その分パンは塩分を抑えて作るのだそう。

前菜の盛り合わせ
a0039199_2257960.jpg

手前から時計回りに、海老と帆立、渦状に巻かれた鰻、カジキ鮪のたたき、金目鯛のカルパッチョ、カポナータ、タコのマリネ、タコの後ろにはイカが隠れています。そして白身魚のすり身がのった温かい白ポレンタ、真ん中は鶏のパテ。

すばらしいです! ひとつずつ、それぞれ素材を生かした調理法で、しっかりと作り込まれている感じがします。
どれも美味しいのですが、特に感動したのはポレンタ。こんなにやわらかくて美味しいポレンタは初めて。今までポレンタって好きじゃなかったのですが、もっと食べたい!と思っちゃいました。
毎回まるっきり違う前菜をいただけるわけではないようですが、2,500円のコースでも同じ前菜がいただけます。何てステキなんでしょう。

パスタは、6種類からのチョイスです。
美紀さんが選んだものは、
自家製タリオリーニ 夏野菜のラグーあえ
a0039199_22572349.jpg

ホウレン草が入ったタリオリーニです。
berryちゃんと私はスペシャリテをいただくことに。
ポレンタとタレッジョチーズのラヴィオーリ
a0039199_22574524.jpg

いつもならロングパスタをチョイスする私ですが、「スペシャリテ」という言葉に弱い私(笑)。でも、こちらを選んで大正解。
こんなに繊細なラヴィオリをいただいたのは初めてです。
このお店のポレンタは美味しい、って書いたばかりだし、一緒に入っているタレッジョチーズはとろけているし、バターを使ったソースもまろやか~。
ラヴィオリの生地の重なった部分は、最後に指で、薄く丁寧に1枚分の厚さにのばしているのだそう。
このお皿をいただいているときの私は、幸せいっぱいの顔をしていたと思います(笑)。

メインはお魚料理かお肉料理のチョイスですが、全員お魚料理をチョイスしました。
ヒラスズキのオーブン焼き
a0039199_2258583.jpg

こちらはフツーにおいしかったです。
ちなみに、この日のお肉料理はサルシッチャでした。

デザートの盛り合わせ
a0039199_22582262.jpg

こちらも全部美味しい。
手前左がラッテ・イン・ピエーディ、右がレモンのシャーベット、奥はアーモンドのセミフレッド。
「ラッテ・イン・ピエーディ」は、「牛乳が一生懸命立っている」という意味だそうで、牛乳がたっぷりと使われたドルチェ。パンナコッタよりもさっぱりとして軽い感じ。添えられているのは木苺のソース。
「セミフレッド」は、生クリームをホイップして冷やして固めただけのアイスクリーム。「セミ」は半分、「フレッド」は冷たいという意味だそう。キャラメリゼしたアーモンドが入っていて香ばしいです。

食後の飲み物はエスプレッソが基本ですが、私はお紅茶にしていただきました。
a0039199_22584095.jpg

プティフール
ブドウのゼリーとショコラ。
a0039199_22585446.jpg

これで3,800円はすばらしいですよね?

シェフの西口大輔氏は、以前、代々木上原の「ヴォナ・ヴィータ」という人気のお店でシェフを務めていらした方。2000年夏、お店を閉じて、2度目のイタリアへ。ロンバルディア地方でお店をオープンされていたそうですが、何とその間、西口シェフの味を追いかけて、イタリアまで行かれたファンもいらっしゃるとか。
昨年帰国し、6月14日、文京区白山の住宅街にこちらのお店をオープンさせました。

店名の「ヴォーロ・コズィ」は、「飛躍する」「こんなふうに」という意味だそうです。
席は20席ほどでしょうか。スペース的にはもう少し席数を増やせそうなのですが、お店全体に目を行き渡らせるためにはこの席数が限界なのだとか。ホント、ステキです。
ちなみに、爽やかなサービスをしてくださるスタッフは、シェフの奥様とお兄様だそうです。
帰りには、奥様、お兄様と共に、西口シェフも見送りに出てきてくださいました。

HPもなければ、メディアにもあまり出ていないのに、口コミで評判が広がって予約を取るのが難しくなってしまったこのお店。
行ってみてその人気に納得です。
やさしく上品で繊細なお料理。そしてすばらしいコストパフォーマンス。是非また再訪したいです。


「Volo Cosi (ヴォーロ・コズィ)」
東京都文京区白山4-37-22
TEL 03-5319-3351
Lunch 12:00~14:30(L.O.13:30)
Dinner 18:00~22:30(L.O.21:30)
定休日:月・第3日
by camille_31 | 2007-06-23 23:17 |  ITALIAN
<< 牛込柳町 「ル・デッサン」 で... 南青山 「ヨックモック 青山本... >>