1日目(8/22):はじめてのスロヴェニアへ
a0039199_2224167.jpg

クロアチア・スロヴェニア旅行記、大変お待たせしました。
ひとつめの記事を書いてから、既に2ヶ月以上が経ってしまいました(汗)。

美しい自然、紺碧のアドリア海、美しい中世の街並みに大感動の日々だったのですが、撮影してきた写真を一度さっと確認しただけで、今日までずっと放置していました。
だって、あんなにステキだったのに、あんなに感動したのに、写真があまりにもダメダメで・・・(泣)。
旅行中から、旅行記最初の写真は城壁に囲まれたドブロヴニクの町にしよう、と決めていたので、ひとつめの記事を書いた時点では、他の写真を見ていなかったんです。
やっぱり、コンデジでは、壮大な自然は撮しきれないんですね。悲しい・・・。
感動が大きかっただけに、ショックも大きいです(涙)。

このまま旅行記は放置しちゃおうかな~なんて思ったりもしたのですが、「楽しみにしているね~」とおっしゃってくださる方が多く、頑張ってアップすることにしました。
旅行からかなり日が経ってしまったので、かなり記憶に自信がありません。メモもほとんどとっていないので、あまり期待せずにおつきあいくださいませ。


最初に訪れたのはスロヴェニア。
スロヴェニアへはもちろん直行便がありませんので、ヨーロッパのどこかの都市を経由することになります。私たちは、ドイツ、ミュンヘン経由でした。

12:25 成田発、ルフトハンザドイツ航空にてミュンヘンへ。
ルフトハンザを利用したのは初めてだったのですが、個人用モニターがないのにびっくり(翌月のハワイ便も、モニターなしだったんですけどね^^; )。
日本公開前の「ミス・ポター」をはじめ、映画を3本上映していましたが、いつ始まるのかわからないので、一切見ませんでした。
エアバスだったのですが、お手洗いが中央集中型なのにもびっくり。後方にない飛行機って初めてでした。一旦後方へ向かった後、引き返してくる方、かなりいらっしゃいました。

フライト時間は12時間20分。
2回のお食事とサンドウィッチorおにぎりの軽食が出ます。
機内食の写真を撮らなかったので、メニューだけご紹介しますね。

ファーストサービス
オードブル:スモークサーモンスライス、マスタードポテトサラダ、茶蕎麦添え
メイン:柳川風牛肉卵とじ、ごぼう、ほうれん草、茶飯
  or 鮭 マスタードソース添え、砂糖えんどう豆、マッシュポテト
デザート:果物

柳川風牛肉卵とじを選びました。味が濃いけど、美味しい。
英語表記が「Yanagawa-style with Umami Sauce, scrambled Eggs」なんですが、こんな説明で選んだ方いらっしゃるのでしょうか?(笑)

セカンドサービス
洋風ソース付き鶏の唐揚げ、キャベツ、ブロッコリー、赤カブと青菜付きの御飯
  or 地中海風トマトソース、ペスト、チーズ仕上げのペンネ
白桃ケーキ、アカフサスグリのソース

カトラリーは、ナイフ、フォーク、スプーンすべてステンレスでした。ころっとした丸いデザインで、かわいかったです。帰りの便で撮影したので、そのときにご紹介します(ずーっと先になりそうですね^^;)。

2回のお食事の間の軽食(サンドウィッチorおにぎり)には、昆布のおにぎりをいただきました。「昆布」を英語で何と言うのかわからなくて困りました・・・^^;
全く動かないのに、お腹が空くのは何故でしょう?(笑)

出発も到着もほぼ定刻通り。
17:45 ミュンヘン着 (日本との時差-7時間(夏時間実施中))。
20:15 ミュンヘン発、アドリア航空(スロヴェニアの国営航空)にて、スロヴェニアの首都、リュブリャーナへ。
こちらは小さい飛行機で、48人乗り。こちらも満席でした。
フライト時間は50分。

サンドウィッチとお水がサーブされました。
a0039199_22243439.jpg

21:05 リュブリャーナ着。
ドイツとは時差がないので、日本との時差は-7時間のまま。

これが日本(成田)から リュブリャーナへの最短ルートのようです。
パンフレットには、成田からヨーロッパ内乗り継ぎでオーストリアのクラーゲンフルートへ、そこからバスでリュブリャーナに移動することになっていたのですが、旅行の10日程前に届いた日程表ではこのように変更になっていました。ラッキー♪

空港からホテルまでは約30分。
おいしいアップルジュースのウェルカムドリンクが待っていました。
by camille_31 | 2007-11-10 00:31 |  クロアチア・スロヴェニア
<< 2日目(8/23):スロヴェニ... 銀座 「ブラッスリー ポール・... >>