代々木上原 「飄香(ピャオシャン)」 でディナー
a0039199_10281612.jpg

「代々木上原と言えばここ!」と言われる中華の名店「老四川 飄香(ピャオシャン)」
MAKIMIさんと代々木上原で食事をすることになったときに、候補のひとつに挙げてくださったお店ですが、ネットでもかなり評判がいいし、「老四川」(伝統的な四川料理)とはいえ、上品なお料理は辛いものが苦手な私でも大丈夫そう。
MAKIMIさんにこのお店にしましょう!とお知らせする前に、予約を入れてしまいました(だって、予約が取りづらい、って書いてあったんですもの。笑)。

「票」偏に「風」と「香」で「ピャオシャン」、絶対に自力では読めないですね(笑)。
a0039199_12313556.jpg

ふたりとも初めてのお店だったので、アラカルトではなく、デザートとジャスミン茶を入れて10品の「秋のサービスコース」(6,500円)をいただきました。

つきだしは、大豆蜂蜜。
a0039199_12323020.jpg

大豆のつきだしって初めて。まずは梅酒で乾杯しました。

冷菜六小碟
お楽しみオードブル6種
a0039199_12324228.jpg

テールブルにずらりと並べられた前菜は2人分。
はっきりとは覚えていないのですが・・・、左上から、甘海老の紹興酒漬け、牛ハチノスとエノキ茸のピリ辛合え、サツマイモとナツメの蜂蜜漬け、四川名物よだれ鶏、クラゲとセロリの和え物、カシューナッツ、だったと思います。カシューナッツにまぶしてあるのは何だったかしら?
ハチノスとエノキのピリ辛合えは、私には辛すぎて食べられませんでした。でも全体を通してとても辛かったのは、この一皿だけ。

大エビフリッターの四川唐辛子と青山椒炒め
a0039199_10284755.jpg

出てきた瞬間、すごいボリューム!と思ったのですが、赤いのは唐辛子で、食べられません。上にのった青山椒も。教えてもらわなければ、食べちゃうところでした^^;
大きなエビがぷりっぷり! まろやかな甘辛さで美味し~い!
写っていませんが、銀杏もいい感じに入っています。

上海蟹とフカヒレ入り魚の団子スープ
a0039199_12331687.jpg

白身の魚の団子の中に、上海蟹とフカヒレが入っています。
上品なスープでほっとする美味しさ。
この時点で、このお店に対する評価はかなり上がっています(笑)。

石川小芋入り 四川ダック
a0039199_1233342.jpg

北京ダックは何度もいただいたことがありますが、四川ダックって初めて。
北京ダックは通常皮だけいただきますが、こちらはお肉もいただきます。
お肉がとても柔らかかった記憶はあるのですが、残念ながらお味はよく覚えていません・・・。日が経たないうちにちゃんとメモっておかないとダメですね。
ちなみに、オードブル、大エビフリッター、四川ダックが2人分、その他は1人分です。

秋野菜の唐辛子ニンニク蒸し
a0039199_12335349.jpg

あっさりめの塩味。ニンニクの味・香りはそれ程しませんでした。

湖南式 豚の角煮
a0039199_1234664.jpg

豚の角煮大好き! とろっとろのお肉が口の中でとろけます。

天然酵母で作った素朴な蒸しパン
a0039199_12342012.jpg

名前の通り、ほっとする素朴な美味しさです。

成都の屋台風 やわらか豆腐
a0039199_12344269.jpg

麻婆豆腐と言ってもいいのかもしれません。
やはりラー油たっぷりのタレが辛いのですが、数種類の木の実と挽肉で辛さが和らげられ、辛いのが苦手な私でも食べられました。

デザートは別メニューで、3種類からのチョイスでした。
「飄香杏仁豆腐」、「八宝香芋椰露」(いろいろな豆入り ココナッツタロイモのおしるこ)、「葡萄酒雪無花果」(赤・白ワインを使用した干しイチジクと白きくらげのデザート)。
ふたりとも杏仁豆腐をチョイスしました。
飄香杏仁豆腐
a0039199_1235147.jpg

2種類の生の杏仁の実を使用した贅沢な杏仁豆腐。とてもなめらかです。

茉莉龍珠花茶(ジャスミン茶)
a0039199_12351626.jpg

蓋碗が小さいので苦~い。お湯を足して何杯もいただけるのは嬉しいけれど、足しても足しても、最後まで私には苦かったです。
a0039199_12354314.jpg

ドライフルーツとナッツの自家製小菓子。
a0039199_12355970.jpg

この中華鍋と中華お玉、とっても小さいんです。欲しくなっちゃうほどかわいい。

四川料理=辛い、濃厚、というのが一般的ですが、こちらのお店は、日本人シェフ(井桁良樹氏)が日本人の味覚にあわせた中華を、と始めたお店で、どのお料理もまろやかで、とても上品な味わいでした。
井桁シェフは、上海で1年、四川成都で1年半の修行を経て、2005年4月、34歳でこの店をオープンされたそうです。本場四川での修行経験を持つ日本人料理人は珍しいのだとか。噂によると、井桁シェフも激辛料理は苦手だそうです(笑)。
ネットによると、サービスにかなりムラがあるようですが、私たちはとても気持ちよく過ごせました。


MAKIMIさんから、とっても嬉しいいただきもの。
マルイチベーグルのプレーンとシナモンレーズンのベーグルです。
a0039199_12393838.jpg

一時期、ものっすごい人気でしたね。お店は18時までだし、そもそも売り切れまでに代々木上原に行くのは無理、とすっかり諦めていたので、すごく嬉しい。
みっちりむっちり詰まったベーグルは、みずみずしく、評判通りとっても美味しかったです。シナモンレーズンは何もつけずにこのままでも。
皆さん開店前から並んで買ってらっしゃったのがよくわかりました。
MAKIMIさん、どうもありがとう!


「老四川 飄香 (ピャオシャン)」
東京都渋谷区上原1-29-5 BIT代々木上原001
TEL 03-3468-3486
Lunch 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~21:30(L.O.)
定休日:月、第3火
by camille_31 | 2007-12-30 13:01 |  CHINESE
<< 南青山 「ランベリー」 でディ... 京橋千疋屋 カジュアルフレンチ... >>