4日目(8/25):クロアチア 古都「トロギール」(1)
a0039199_21382169.jpg

古都「トロギール」は、クロアチア最大の港町「スプリット」の西約27km、本土とチオヴォ島の間の狭い海峡に浮かぶ、とても小さな島です。
島ですが、本土とチオヴォ島とは、それぞれ橋で結ばれています。
中世の面影をそのまま残す町は、ユネスコの世界遺産に登録されています。

歩いて20分ぐらいで一周できてしまうほど小さな島ですが、周囲は城壁で囲まれ、城、教会、要塞、多数の塔など、ロマネスクからゴシック、ルネッサンス、バロックといった様々な時代の建物が残されています。
ロマネスク=ゴシック建築群は、アドリア海沿岸のみならず、中欧でも最も保存状態がよいのだとか。

町の始まりは、紀元前3世紀のギリシャ人植民都市。
クロアチア王国へ臣従するようになったのは9世紀。
11世紀には司教区ができ、ハンガリー王およびクロアチア王の支配下に入るも、自治権を持つ都市として繁栄しました。その後1420年から1797年までヴェネツィア、19世紀にはハプスブルク家に支配されました。

本土から橋を渡ると「トロギール」。北門です。
a0039199_2139224.jpg

旧市街を囲む城壁は、15世紀、ヴェネツィア統治下で造られたもの。この門はさらに17世紀に再建。上にある像は町の守護聖人だそうです。

反対側(城壁の内側)から見るとこんな感じ。
a0039199_21392063.jpg

まずは、一番の見どころから。
聖ロヴロ大聖堂
a0039199_2139414.jpg

大聖堂の建立は9世紀。クロアチアを代表する教会だそう。
教会が面した道路や中央広場が狭いので、全体を撮すことができませんでした。

鐘楼の建造は15~16世紀。
下からロマネスク様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式の窓。
a0039199_2140536.jpg

正面扉の彫刻は、1240年、ダルマティア地方(=アドリア海南部)の巨匠ラドヴァンによるもの。
a0039199_21402315.jpg

両脇には、ライオンに乗ったアダムとイヴの像が彫られています。クロアチアの宗教美術を代表する傑作だそうです。

天井から吊られた十字架は1440年頃のものだそう。
a0039199_21404812.jpg

a0039199_21411314.jpg

大聖堂の横は中央広場。広場に面して、市庁舎と時計塔が建っています。
a0039199_21412985.jpg

市庁舎
a0039199_21414435.jpg

15世紀の建物だそう。
a0039199_2142019.jpg

時計塔
a0039199_21421626.jpg

中央広場からそのまま狭い路地を通っていくと、
a0039199_21434292.jpg

a0039199_2142381.jpg

あっという間に南門です。
a0039199_21425134.jpg

by camille_31 | 2008-03-17 23:16 |  クロアチア・スロヴェニア
<< 4日目(8/25):クロアチア... 4日目(8/25):クロアチア... >>