嬉しいチョコレート(1)
a0039199_21185258.jpg

「おいしいもの」記事は、時系列に沿ってアップしているのですが、去年の夏の旅行記がなかなか進まないので、おいしい記事もたまっていく一方(汗)。
あまりにも季節外れになってしまう前に、ちょっと横入りして、バレンタインデーやホワイトデーにいただいたチョコレートをいくつかご紹介させていただきます。


まずは、私が愛する「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」
a0039199_21194037.jpg

何度も書いていますが、私が一番好きなショコラトリーです。
コフレ・メゾン230g(2段29コ入り)は、日本で購入すると8,100円もするので、なかなか自分では買えません。というか、買ったことありません^^;
でも、原油高、ユーロ高でどこも価格改定が余儀なくされていく中、こちらのお店は、私がファンになって以来、日本での値上げは一切していません。そんなところも好き。
a0039199_2120082.jpg

厳選された最高級のカカオを用い、一粒一粒丁寧につくられたショコラは、なめらかな舌ざわりとまろやかな口溶け。洗練された上品な味わい。もううっとりです。幸せ~♡
残念ながら、愛情たっぷりに頂戴したのではなく、友人のお母さまのパリみやげです。
去年のお誕生日にはloveswedenさんからもいただいたし、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」が大好き!って公言しておくものですね(笑)。


こちらは、「Grand Four(グランフール)」のタブレットショコラ。
a0039199_21202314.jpg

「グランフール」は、昨年9月28日に、「ベル・アメール」中目黒店の後に出来た新しいパティスリー。「ベルアメール」と同系列店で、ブランドコンセプトは「日本と世界の文化が融合している、インターナショナルな街、東京発信の新スタイルスイーツ」だそう。
10月12日には「有楽町イトシア」にもオープンさせています。

タブレットショコラは5種類。
【バナーヌ レ】バナナチップとミルクチョコレート
【フレーズ ブラン】フリーズドライ苺と苺パウダーを練り込んだホワイトチョコレート
【オランジュ ノワール】シロップ漬けにしたオレンジとビターチョコレート
【アナナス ブラン】ドライパイナップルとホワイトチョコレート
【ノワゼット レ】ローストしたヘーゼルナッツにミルクチョコレート

まずチョコレートがおいしい。そしてナッツやドライフルーツとの組み合わせもバッチリ。
バナナだけは、食べるときにチョコレートから分離してしまいましたが(笑)。
どれもおいしかったのですが、一番のお気に入りは「ノワゼット レ」かしら。ホワイトチョコも甘ったるくなくて、どれも一気に1枚(いや、2枚とか^^;)食べちゃいました。


「グランフール」のタブレットショコラと一緒にいただいたもの。
ホテル西洋銀座の大判マカロン「フェアトレード・チョコレートマカロン」。
a0039199_21204461.jpg

期間限定、数量限定のため、予約して購入してくださったそう。
ピープル・ツリーフェアトレードのビターチョコレートを使用した、直径8cmの大判マカロン。

ボリビアのオーガニックカカオとパラグアイの精製きび糖を使った、スーパービターチョコレートを練りこんだマカロン生地に、ホテルのメインダイニング「レペトワ」特製オレンジマーマレードを加えたチョコクリームを挟んだもの。
a0039199_2121740.jpg

通常ホテル西洋銀座で売られている「銀座マカロン」は、薄いマカロン生地にラムレーズンとバタークリームを挟んだ、レーズンウィッチ的なマカロンだそうですが、こちらも、しっとり、ねっとりとして、マカロンとはまた違った食感と味わい。
マーマレードがアクセントになって、おいしかったです。


で、偶然なんですが、その「銀座マカロン」を、職場でホワイトデーにいただきました。
a0039199_21214125.jpg

こんなに薄い生地のマカロン、初めて見ました。横から、たっぷり入ったレーズンが見えます。
a0039199_212292.jpg

コクのあるバタークリームにラムレーズン。まさにレーズンウィッチを思い出すお味です。
かすかにアーモンドの風味が感じられる生地は、さっくり、しっとり。ラム酒がかなり効いていて、レーズンウィッチよりも好きかも。
マカロンがあまり得意ではない私にはぴったりの変わり種マカロンでした。


こちらは、「B.B.CHOCOLAT」(Homeは音が出ます)のテディベア。一度いただいてみたかったので嬉しい。
a0039199_21375160.jpg

食べるのがもったいないほど、かぁわい~い♪
ハートのチョコは、ブルーベリー、ストロベリー、ラズベリー味。
a0039199_21381290.jpg

かわいいだけじゃなくって、ちゃんとおいしいなんて、優秀。
バレンタインシーズンのみの登場、というのがニクイですね。


こちらは、名古屋のパティスリー「RÉGNIÉ(レニエ)」のショコラトリー「SENOUFO(セヌフォ)」のチョコレート。
a0039199_2123287.jpg

オランジェ シトロネット、マンディアン、ローストアーモンドをチョコでコーティングしたものなど。バレンタインの詰め合わせ。
どれもクセのない美味しさです。万人に好まれそう。
「レニエ」は名古屋の有名ケーキ屋さんで、いつも行列ができているほど人気のお店だそう。いつかケーキも食べてみたいです。
by camille_31 | 2008-03-25 00:05 |  SWEETS
<< 嬉しいチョコレート(2) 日比谷 「聘珍樓」 で職場の忘年会 >>