7日目(8/28):クロアチア 首都「ザグレブ」(3)
a0039199_23244920.jpg

お昼をいただいてホテルにチェックインした後は、フリータイム。
今度は、新市街のほうをを徒歩で観光しました。

ザグレブは緑が多くて、歩いていてとても気持ちがいいです。
a0039199_23253486.jpg

ズリンスキー広場、ストロスマイル広場、トミスラフ広場と、3つの緑溢れる広場が並んでいます。
a0039199_23261638.jpg

a0039199_2326388.jpg

ちょっとしたステージみたいなもの?
a0039199_2327341.jpg

a0039199_23272783.jpg

日本大使館
a0039199_23274632.jpg

近代美術館
a0039199_2328111.jpg

ストロスマイル広場の中にあります。入りませんでしたが、近代だけではなく、様々な時代の絵画が展示されているそう。
TOPの写真は反対側から撮影したものです。

公園のような広場の両側は、オーストリアの影響を受けたことがわかる重厚な街並みでした。そちらも撮影しておけばよかったな~と。
a0039199_23282782.jpg

トミスラフ広場
a0039199_23284772.jpg

19世紀末に整備された、ザグレブ中央駅前に広がる広場です。
交通の要所でもあり、花壇や噴水があって、市民の憩いの場でもあります。
a0039199_2330336.jpg

a0039199_23291953.jpg

広場に建つ、初代クロアチア国王トミスラフの像。
a0039199_23322380.jpg

ものすごい数の鳩がいました。馬の上にも、トミスラフの頭のてっぺんにも(笑)。


ザグレブ中央駅
a0039199_23324347.jpg

a0039199_233325.jpg

駅の地下には大きなショッピングモールがあり、そちらも一通り覗いてみました。


クロアチア国立劇場
a0039199_23333013.jpg

a0039199_23335046.jpg

オペラ座とも呼ばれるザグレブの国立劇場は、オーストリア・ハンガリー帝国の時代に、ウィーン出身のヘルメルとフェルネルの二人の建築家によって建造。
1895年、オープニングセレモニーに招かれたハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨゼフが銀のハンマーで最後の釘を打って完成させたそうです。


クロアチアの首都「ザグレブ」は、この旅行で最初に訪れたスロヴェニアの首都「リュブリャーナ」同様、日本から両国を訪れる際には外せない都市ではありますが、残念ながら、私にとってはどちらもあまり魅力を感じる街ではありませんでした。
他に魅力的な都市をたくさん訪れたせいもあるのでしょうけれど・・・。

この日のお夕食は、かわいらしいレストランでザグレブ風トンカツをいただきました。
照明が暗めだったせいか、写真は全滅(悲)。
翌日はいよいよ帰国です。
by camille_31 | 2009-07-21 23:47 |  クロアチア・スロヴェニア
<< 8、9日目(8/29、30):帰国 7日目(8/28):クロアチア... >>