丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21203152.jpg

昨年12月の職場の忘年会は、丸ビル35階にある「サンス・エ・サヴール」で。
一人1万円以内でとお願いしたところ、税込み9,928円(何故こんな金額?)のコース料理を作ってくださいました。
通常のディナーコースは、6,800円、8,400円、12,600円、15,000円の4種類。
通常とは異なりますが、お料理自体はあまり変わらないようなので、ご参考までに(せっかく写真も撮ったし。笑)。

アミューズ・ブーシュ
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21205729.jpg

カリフラワーのスプーマと赤カブ
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_2121694.jpg

パン
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_2121169.jpg

帆立貝のポワレとシャンピニオンのラヴィオリ仕立て
 トリュフ風味のブイヨンカプチーノ

丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21213134.jpg

120度でゆっくり柔らかく蒸し焼きにした真鯛
 旬の季節野菜とソース・シトロンコンフィー

丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21214344.jpg

通常はもっとお野菜が使われているみたいですね。詳細はこちらで。

牛フィレ肉とセップ茸のプロシェット パッションフルーツと赤ワインのレデュクション
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21215859.jpg

「ブロシェット」は「串焼き」、「レデュクション」は「煮詰めること」だそうです。
串に刺さった状態で出てきたのでちょっとびっくりしたのですが、ロゼに焼き上げたフィレ肉は柔らかくてジューシーでした。
このお料理についてはこちらで。
以上の3皿は、このお店のスペシャリテだそうです。

軽やかなスフレショコラとトンカ豆のクレーム
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_2122876.jpg

カフェとミニャルディーズ
丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21221932.jpg

丸の内 「サンス・エ・サヴール」 で職場の忘年会_a0039199_21223032.jpg

ネットで見ると割と評判のいいお店のようですが、私は個人的に訪れることはないかな~と^^;


「SENS & SAVEURS (サンス・エ・サヴール)」
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35F
TEL 03-5220-2701
Lunch 月~金 11:00~13:30(L.O.)
     土日祝 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 月~土 18:00~21:00(L.O.)
     日祝 18:00~20:30(L.O.)
定休日:なし
# by camille_31 | 2011-08-31 23:52 |  FRENCH
広尾 「エパヌイ」 でランチ
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_2145141.jpg

昨年12月末~今年9月まで改築のため休業中の「エパヌイ」
ちょっと古めの民家を改装したお店が、居心地が良くて好きだったのですが、まるっきりの改築ということで、雰囲気もがらりと変わるのでしょうか。淋しさ半分、楽しみ半分、といった感じです。
長い休業期間だと思っていたのですが、ブログをお休みしている間に、オープンまで間もなくになってしまいましたね^^; 9月17日再オープンだそうです。

休業に入る前の昨年12月半ば、はじめてランチに伺いました。
ランチのメニューは、ランチセット1,890円と、3,885円と5,460円の2種類のプリフィクスコース。前者はメインがお魚料理orお肉料理で、後者はお魚料理+お肉料理です。

私たちは、1,890円のランチセットをいただくことに。
こちらはお料理が固定されていて、本日のスープ+本日のお料理+小さなデザート+飲みもの。

まずはアミューズ。お馴染みの枝付きケッパーベリーです。
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_2146710.jpg

テーブルにもクリスマスの雰囲気が。
窓際の席だったのですが、小さなお庭にはクリスマスツリーが飾られていました。

パン
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_21462441.jpg

この日のスープは、有機栽培の人参のポタージュ
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_21464139.jpg

人参のおいしさがぎゅぎゅっとつまったポタージュでした。

牛ハラミのステーキ、粒マスタード
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_21465544.jpg

お肉がとても柔らかかったです。

チョコレートケーキ
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_21471078.jpg

食後の飲みものは、季節のフレーバーティーを。黄色い花びらがいっぱいですが、何のフレーバーだったのかは記憶の彼方。
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_21472046.jpg

1,890円でこれだけのお料理をいただければ大満足。
支配人のチャーリーは、玄関までお出迎えやお見送りに来てくれたり、テーブルを回ったりすることはできなくなっていましたが、お店に入ったときにちゃんと顔を上げて歓迎してくれたし、ずっと私たちを見守っていてくれました。新しいお店でも、やはり支配人ですよね?



「エパヌイ」のあとは、広尾「ラ・プレシューズ」のアトレ恵比寿店で、季節限定の「和栗のモンブラン」をいただきました。
時期によって使用する栗が異なるモンブラン。このときは徳島県阿南産の栗でした。
広尾 「エパヌイ」 でランチ_a0039199_11435841.jpg


Cuisine Française 「épanoui (エパヌイ)」
東京都渋谷区広尾3-2-14
TEL 03-3407-1513
Lunch 金・土・日・祭日のみ 12:00~15:00(L.O.13:00)
Dinner 18:00~23:00(L.O.21:00)
定休日:水、第1・第3火


パティスリー カフェ 「La Précieuse (ラ・プレシューズ)」
東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿4F
TEL 03-5475-8478
月~土 10:00~22:30(L.O.22:00)
日    10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休(アトレ恵比寿定休日に準ずる)


#関連記事:
 広尾 「エパヌイ」 でディナー (07/07)  (前編) (後編)
 広尾 「エパヌイ」 でディナー No.2 (07/10)

 アトレ恵比寿 「ラ・プレシューズ」 で和栗のモンブラン
 広尾 「ラ・プレシューズ」 で和栗のモンブラン
# by camille_31 | 2011-08-16 23:56 |  FRENCH
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17135798.jpg

「フロリレージュ」でのランチの後編です。


メインは、同じ食材で2皿サーブするという、ちょっと変わったスタイル。
ひとつの食材を、違った調理法で存分に楽しんでもらいたいという趣向でしょうね。

Tちゃんが選んだメイン
本日の内臓料理
トリップ、ハツ、胆などの内臓を豚バラ肉で包んだお料理。
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17151854.jpg

かぼちゃのソースと、上にのっているのは小松菜。

2皿目は骨髄のフラン。
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17143637.jpg

まさかこんな形で出てくるとは・・・。
牛の大腿骨を器にし、牛の出汁と卵と骨髄をのせて蒸し焼きにした茶碗蒸し状のフラン。液が流れ出ないよう、底にはニョッキが敷き詰められています。上には輪切りの骨髄も。
内臓系が苦手な私には絶対食べられませんが(笑)、おいしかったようですよ~。

GLOBEさんと私が選んだメイン
茨城産 鴨ロースのローストとその腿肉のコンフィ
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17154328.jpg

鴨ロースの付け合わせはカブ。エシャロットのソースでいただきます。
脂身のある皮のほうはカリッと焼かれ、身はとても柔らかく、ジューシー。

GLOBEさんと私のメイン2皿目
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17155820.jpg

腿肉のコンフィは、赤ワインのソースで。添えられているのは根セロリのピューレ。
あっさりとした鴨の旨味に赤ワインのソースのコクがよく合います。

ちなみに、私たちが選ばなかったもう1つのメインは「本日のお魚料理」。この日はマグロのローストとタルタルでした。

ひとつめのパン(+フォアグラと一緒に出されたパン・オ・フリュイのようなパン)を食べ終えた後にサーブされたのは、こちらのパン(パン屑が汚くてごめんなさい)。
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17161237.jpg


デザートは3人別々のものを。

Tちゃんのデザート
本日のチョコレート
この日は、温かいチョコレートのオムレツ。
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17163399.jpg

ふわっとしたチョコレートのオムレツ中には、フォンダンショコラのように、とろ~りと温かいチョコのソースが入っています。
添えられているのは、コーヒーの泡のソースと、バナナを生クリームで和えたもの。

GLOBEさんのデザート
丹波産 和栗のデクリネゾン
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17165156.jpg

後から何か載せられるのかしら?と思うような盛りつけです(笑)。
「デクリネゾン」とは、ひとつの食材に様々な調理法を施して、異なる食感や味を楽しむことだそう。
ムース、クレームブリュレ、チップス、泡、パウダー。様々な和栗が楽しめます。
お皿の真ん中には温かいチョコレートのソース。
食用の紅葉の砂糖漬けが添えられています。

私が選んだのは
福島産 梨のシャーベットとバニラのバヴァロア
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_1717725.jpg

一番下に、アロエと洋梨の角切り。その上に、梨のゼリー、バニラのババロア、梨のスライス(薄いっ!)とシャーベット。こちらもデクリネゾンですね。
すご~く変わった形のお皿だったのですが、この写真ではわからない・・・。
爽やかで軽やかでおいしくて、大満足。

食後の飲みものは、コーヒー(エスプレッソやカプチーノなども)、紅茶(3種類)、ハーブティー(3種類)から。
私はアッサムティーを。
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17173134.jpg

プティフールは、ほおずきのパート ド フリュイ。
南青山 「フロリレージュ」 でランチ (後編)_a0039199_17174222.jpg


これで4,200円だなんて、びっくりです!
「ランチが満席になるのは、土、日、祝日くらいですが、1テーブルでもキャンセルが出ると、赤字になります」と、ソムリエでマネージャーの近藤都志幸氏がおっしゃっていました。それでも、価格を改訂することは全く考えていないのだとか。
ちなみに、近藤さんも、川手シェフ同様「カンテサンス」のご出身。

お昼はプリフィクススタイルですが、夜は完全におまかせ。事前に苦手な食材をお伝えするだけ、という「カンテサンス」と同じスタイル。こちらのほうが、そのときに最高の食材を最高の状態で出せるので、よりフロリレージュらしさを感じてもらえる、とのことでした。

お若くて、とても気さくな川手シェフと近藤マネージャー。帰りは、私たちの姿が見えなくなるまで、おふたりで見送ってくださいました。
おいしいお食事に楽しいおしゃべり。コストパフォーマンスが高く、居心地も良くて、とてもHAPPYな気分でお店を後にした私たち。是非また伺いたいです。


「Florilege (フロリレージュ)」
東京都港区南青山4-9-9 AOYAMA TMI 1F
TEL 03-6440-0878
Lunch 12:00~14:00(L.O.)
Dinner 18:30~21:00(L.O.)
定休日:水、年末年始
# by camille_31 | 2011-01-15 23:57 |  FRENCH